ライフ

僕はただ、サムライのように大便をしたかっただけなんだ――patoの「おっさんは二度死ぬ」<第55話>

新発売のビールのごとき切れの良さをもったウンコ

 こうして、僕の挑戦が始まった。  といっても、そんな何回も連続でウンコが出るわけではないので、なかなか挑戦することができない。立川駅から1駅以内にいるときにはなるべくこのビルに行き、ウンコをする日々が続いた。  けれども、やってみるとこれが意外に難しい。センサーの反応が遅いといっても所詮は普通よりちょっと遅い程度だ。全然許容範囲内の遅さなのでさすがにトイレから出るまでは持たない。せいぜいズボンを上げたくらいで流れ始めてしまう。  そして、このサムライ大便を実現するためには愛でる時間と尻拭きの時間、手を洗う時間をカットしなければならないという結論に至った。  まず、出てきたウンコに視線を一瞬落とす。愛でる時間はそれに留める。ただ全く見ないというわけにはいかない。やはり健康状態をチェックしたいので、ほんの一瞬だけは確認する。  おまけに、尻も拭かない。ウンコを確認するという関係上、どうしても立ち上がってから尻を拭く(トイレットペーパーによってウンコが見えなくなるため)。  これがかなり大きなタイムロスに繋がり律速になっているので、これを大胆にカットする。  え、そんなことしたら汚いじゃん、と思うかもしれないが、何回かに1回、これ全然アナル汚れてないじゃん、拭く必要ないかも、というキレッキレのウンコが出ることあるので、そのウンコが出た時にチャレンジする。  そして、手を洗う時間もカット。ウェットティッシュを持参し、トイレから出ながら手を拭く。刀の血を払うサムライみたいでかっこいい。  そしてついにその時が来た。  アナルに1ミクロンもウンコが付いていないであろうと予想できる、新発売のビールのごとき切れの良さをもったウンコがでた。いける。尻拭きカットだ。  立ち上がる。  ウンコを一瞥する。さすがキレのいいウンコ。実に堂々としたもので、先祖から伝わる家宝のような威厳でその身を横たえている。  カチッ  センサーが反応する。いける。これならいける。
次のページ 
しかし僕はサムライになれなかった
1
2
3
4
5
★連載1周年記念! おっさん総選挙“OSN57”開催中

pato「おっさんは二度死ぬ」

“全てのおっさんは、いつか二度死ぬ。それは避けようのないことだ"――

Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事