ライフ

海外ツアー中に旅行会社が破綻したら…自力帰国に備える「旅行の必需品」

 イギリスの旅行代理店大手トーマス・クックが破綻した。これにより、トーマス・クックのツアーを利用した英国外の観光客が帰国の手段を失うという事態が発生した。宿泊予定のホテルはキャンセルされ、トーマス・クック傘下の航空会社も営業を停止してしまったのだ。
トラベル

ツアー旅行中に代理店が破綻してしまったら…自力でどう切り抜ける? ※画像はイメージです(以下同)

 このような光景は、日本人にとっては初めてではない。2017年に破綻したてるみくらぶの騒動を思い出した人もいるはずだ。旅行代理店によるパッケージツアーは、もはや「絶対安心」と言い切れるものではなくなっている。利用者はこうした事態を想定した、最低限の用意が必要だ。

海外ツアー旅行中に代理店が破綻したら…何をすべき?

 トーマス・クックとてるみくらぶは共に「顧客を国外に残した状態で破綻した旅行代理店」であるが、その会社規模や歴史は「雲泥の差」とも表現できる。てるみくらぶは設立から20年足らずの中小企業だったのに対し、トーマス・クックが団体旅行の取り扱いを始めたのは1841年。時のイギリス国王はビクトリア女王である。  コナン・ドイルの『シャーロック・ホームズ』シリーズやアガサ・クリスティーのミステリー小説にも「クック旅行社」という会社が登場するが、それはトーマス・クックを指している。そのような名門企業が破綻したのだから、イギリス政府がそれを黙って見ているはずがない。旅行先で足止めされたトーマス・クック利用者は15万人と言われているが、政府は1億ポンド(約132億円)を急遽捻出して世界中の旅行者の救済を開始した。  此度のトーマス・クックの破綻は、各国の観光業界に深刻な影響を与えると推測されている。では、もしこのような事態にツアー参加者が遭遇した場合、まず何をすべきか?

絶対に持っておきたい「デビットカード」

カード 現地に取り残されたツアー参加者がまずやるべきは、「現金の確保」である。これは特に、日本人にとっては耳の痛い話だろう。日本人は「クレジットカードを持たない国民」と世界でも評判だ。てるみくらぶが破綻した時も、クレジットカードを持っていなかった故に路頭に迷ってしまったという例がある。  また、クレジットカードがあっても設定上限が低額だった場合や、キャッシング枠を設定していなかった場合もやはり難儀することになる。そこで役に立つのが、国際クレジットブランドが付与されたデビットカードである。  これはクレジットカードとは違い、指定先の銀行口座の残高から引き落とされる仕組みだ。言い換えれば、残高の目途が立ってさえいればいくらでも利用できるということでもある。  デビットカードを使って、現地のATMから数日分の生活費を調達する。無論、ホテル代も考慮しなければならない。先述のように、旅行代理店が破綻した場合は宿泊予定だったホテルはキャンセルされている可能性が高い。
次のページ 
ガイドブックよりも必要なもの
1
2
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事