雑学

「大物女優といえば?」若者のトホホな回答

同じ言葉でも、そこから連想するものは年代や趣味、職業によって違うもの。というわけで、巣鴨のお年寄り、秋葉原のオタク、渋谷のギャルへの街頭取材と、一般的な20~40代男女100人へのアンケートを実施。どんな回答が飛び出すか? そしてアナタの連想は?

Q:大物女優といえば?

大物女優 巣鴨のお年寄りからは「岩下志麻しかおらん」(75歳・男)、「吉永小百合はいくつになっても清潔感がある」(65歳・男)、「森光子さん。90歳すぎで若い男の子を従えられるのは大女優ならでは」(61歳・女)、「原節子かな。最近の女優さんは庶民的すぎて銀幕のスターって感じしないもの」(68歳・女)と票はバラけたものの、そうそうたる顔ぶれが挙がった。

 一方、アキバオタクと渋谷ギャルでは、『家政婦のミタ』効果か、松嶋菜々子がトップに。ギャルの少数意見では「大物といえば桃井かおり。あの人の映画とかドラマは観たことないけど(笑)」(21歳・フリーター)、「芦田愛菜ちゃんの稼ぎっぷりは大物女優級。もう愛菜さんって呼ぶべきじゃね?」(19歳・大学生)って、演技力はどうでもいいのか!? また、アキバ系の少数意見は「たくさんの良作に出ていた日高のり子」(24歳・男・学生)、「大ベテランの野沢雅子さんはもはや生きる伝説です」(20歳・男・学生)、「大山のぶ代さんこそ重鎮中の重鎮!」(38歳・男・自営)など。この質問で声優を挙げるとは、さすがアキバ!

取材・文/石島律子 漆原直行 昌谷大介(A4studio)
― 「◯◯といえば?」で連想するもの大調査【17】 ―




おすすめ記事