エンタメ

「ハルシオン・デイズ」タイトルの意味と、作中のメタファー/鴻上尚史

「ハルシオン・デイズ」タイトルの意味と、作中のメタファー

ドン・キホーテのピアスハルシオン・デイズ2020』の幕が開いて一週間ほどがたちました。  今日、5回目のPCR検査を受けました。結果の発表は明日か明後日でしょう。  現在までは、なんとか公演を続けられています。一日、一日が奇跡のようだなと感じます。  今日は、東京都の感染者が293人でした。芝居を見に来る予定の友人から、「先週、一緒に食事した人が陽性になり、自分も明日、PCR検査を受けるので、見に行けない」というラインをもらいました。  芝居をしていなければ、コロナに感染する恐怖は、ここまで切迫しなかったんじゃないかとも思います。自分を含めて、誰かが感染したら公演が中止になる、という具体的な可能性を毎日、感じています。  僕は運転しないので、公共交通機関を使います。  電車に乗っていて、隣に座っている人が咳き込んだりすると、ぞわっとします。  立っていたら、その場をすーっと離れればいいのですが、さすがに座っていると、咳がしたからといってすぐに立ち上がって移動するのは、なんだか申し訳ないというか、お互いにつらい気持ちになるだろうなと気をつかいます。  一度、隣の人があんまり咳が続いたので、駅についた時に立ち上がり、そのままホームに出て、隣の車両に移動しました。  いつまで続くんだろうと溜め息がでます。

タイトルの意味

 眠れないと思うと、睡眠導入剤を使ったりします。 『ハルシオン・デイズ2020』のハルシオンというのは、有名な睡眠導入剤の名前です。  それが、英語で鳥の「カワセミ」のことで、けれど、「ハルシオン・デイズ」と続くと、イディオムとして、「穏やかな日々」という意味になると知って、これはタイトルになる、と思いました。  もっとも、クスリのハルシオンは、「Halcion」で、鳥の方は「Halcyon」で微妙にスペルが違います。
次のページ
目を凝らすことで見える、じつは存在しているもの
1
2
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事