ライフ

ギャルの裏流行語大賞TOP10 2位「えぐいてぇ」の意味って?

 11月6日に発表された「ユーキャン新語・流行語大賞」ノミネート30語。その本家には“大人の事情”で漏れてしまった言葉も多数あるだろう。そこで今回は、真に「世相を表す」ワードをジャンル別にSPA!が決める。今回は「ギャル編」。ギャル業界を席巻した流行語とは? ギャル

流行語 TOP10<ギャル編>

●選者/ポテちゃん氏 渋谷ギャル評論家。10代から渋谷に通い詰めて遊んでいた経験を生かして、現在はギャルイベントのプロデュースから商品開発まで行う 1位 ぴえん もともとは「泣く」「涙」の意味。ギャルたちはリアクション用語として多用。派生語に「ぴえぴえ」や「ぴえみ」もある 2位 えぐいてぇ チャンネル登録者数が100万人超の過激系YouTuberとして人気の「がーどまん」が使っている言葉。「予想外の出来事に遭遇したときに使用します」
3位 あたおか 「頭がおかしい」の略。日常会話やLINEで相手をイジったり、ディスるときに「あたおかすぎ!」とツッコむギャルが急増 4位 アオハル 「青春」の意味。「友達同士で撮った写真にハッシュタグで『#アオハル』とつけてSNSなどに投稿するのがはやりましたね」 5位 397 「サンキューな」という意味の語呂合わせ。「K-1の芦澤竜誠選手のインスタ投稿を見たギャルたちがまねをしたことで話題」 6位 ぎゃう 令和版「ギャル」の言い方。eggモデルたちがインスタやYouTubeなどで発信したことを機に一気に広まったワード 7位 エグハ 今年からYouTubeの「eggチャンネル」で配信し始めたeggハウスの略。「登録者数が19万人を超えるほど注目度も高い」
8位 無敵ピンク 俳優の横浜流星がドラマで見せたピンク髪イケメンキャラの愛称。ギャルは完成されているイケメンに向かって使用する 9位 KP 「乾杯」を意味する言葉。「ギャルの間では『KP』と言いながら乾杯の瞬間をインスタのストーリーズに投稿するのが定番化」 10位 リアコ 「リアルに恋をする女子」の略。恋愛リアリティ番組に出演している同世代の男性たちに夢中になるリアコ女子が急増した

恋愛リアリティ番組がギャル業界を席巻

 ギャル雑誌『egg』が復活してから盛り上がりを見せるギャル業界。 「eggモデルが発信するワードをまねてSNSで拡散していく流行語が多かった」 と語るのは渋谷ギャル評論家ポテちゃん氏。 「彼女たちの主戦場のインスタグラムでは、『ぴえん』や『えぐいてぇ』などのリアクション用語に顔文字などを合わせてストーリーズに投稿するのが大流行。また、eggモデルがギャルを令和版にアレンジした呼び名『ぎゃう』も人気のハッシュタグとして拡散されていったワードですね」  また、今年ギャルたちの注目を集めたのが、ネット番組の恋愛リアリティショーだ。 「AbemaTVの番組名にも使われた影響で、リア充と同じ意味で『アオハル』が定着。また、YouTubeのeggチャンネルで配信されているギャル版テラスハウス『エグハ』は、地上波にはない面白さがウケて注目度が高かった。すべての情報源がスマホの彼女たちにとっては、熱中できる手軽なコンテンツが大きく話題にもなりやすかったと言えますね」  ギャル文化の進化は止まらない。 <取材・文/週刊SPA!編集部> ※週刊SPA!11月26日発売号の特集「(裏)流行語大賞」より
週刊SPA!12/3・10合併号(11/26発売)

表紙の人/ 岡村隆史

電子雑誌版も発売中!
詳細・購入はこちらから
※バックナンバーもいつでも買って、すぐ読める!
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事