エンタメ

山口百恵がカバーアルバムを出すか葛藤していた息子・三浦祐太朗にかけた言葉

―[クリスのお宝箱]―
瀬尾一三編Part2 アナログ盤、CD、DVDなど約2万枚以上。さらに雑誌やポスター、グッズ、珍品なども所有し(現在も収集中)、アーティストからも認められるほどの大の音楽ファンのクリス松村が、MCを務める『ミュージック・モア』で秘蔵のコレクションからとっておきの1枚を披露!  今回も、最初は代官山蔦屋書店で開かれた音楽プロデューサー・瀬尾一三さんとのトークショーをお届けします。

代官山蔦屋書店で開催されたトークイベントにて瀬尾一三とクリス松村

 瀬尾一三さんは、中島みゆきさんをはじめ、吉田拓郎さん、CHAGE and ASKAさん、徳永英明さんなど、数々のアーティストのプロデュースや編曲を手がけられてきました。  一緒にお仕事されたアーティストは、個性あふれるスターばかり! ぶつかり合うこともきっとあったはず……。 「そうですね、歌手というのは、自分で曲を書く方と、詞や曲を書いてもらう方がいますが、歌への思いが強く、プロデューサーという仕事は、飴と鞭を使い分ける猛獣使いです(笑)」

「音楽プロデューサーは、言って見れば、猛獣使いですよ」と瀬尾一三

 また、フォークソングからアイドルまで、あらゆるジャンルの編曲をされている瀬尾さんですが、アレンジはどのようにされているのかを伺うと……。 「僕の頭の中で歌をイメージして、映像をつくります。その映像にあわせて、アレンジしていくんです。だからジャンルはこだわらず、アレンジができるんだと思います」  手がけた作品を見たら、天才としか思えない瀬尾さんですが、30代の頃に、行き詰まり、悩んだこともあったそうです。 「デジタルが導入された1985年ごろだったかな、アレンジャーとしての生き方を模索し、迷走したことがありましたね。それでもファンのみなさんは、あたたかく応援してくれました。次の時代になっても、ついてきてくださいね」  会場から拍手が送られ、瀬尾一三さんの素敵なトークショーが終了しました。

カバーアルバムを出す三浦祐太朗に山口百恵が息子にかけた言葉とは…

 さて、スタジオに戻ってアーティストのゲストは、三浦祐太朗さん! 微笑んだ目がお母様の山口百恵さんにそっくり、話す口元はお父様の三浦友和さんにそっくり、ご両親とも、私、大ファンだったので、とても不思議な気持ちでお会いしました。

スタジオライブで『夢先案内人』を披露する三浦祐太朗

 どんなにうまい歌手が、百恵さんの曲をカバーしても、私はどうしても受け入れられなかったんですが、祐太朗さんが歌うと百恵さんが蘇ったような……。 「母の歌をカバーする話があった時、あらためて母の歌を聴き直し、母にも相談しました。(どういう風に歌ったらいいか)と聞いたら、(昭和の歌謡曲は鼻濁音を大事にする、といいかもね)と言われました。 「カバーアルバムを出したら、母のファンの方々の思い出に傷をつけてしまわないかなと、葛藤もありました。母に相談すると(自分のカバーアルバムを息子の声で聴けるのは、すごく嬉しいことだよ)と……、その一言で決意しました」

クリスのコレクションに驚きの三浦祐太朗

 スタジオライブでは、三浦祐太朗さんに、百恵さんのカバー曲『夢先案内人』と、最新アルバム「Blooming Hearts」から、『MELODY』を弾き語りで披露していただきました。どうぞ、3月21日放送の番組を、お楽しみに!

3月21日放送の番組を、お楽しみに!

―[クリスのお宝箱]―
タレント、音“楽”家(おんらくか)。 邦楽、洋楽問わず、音楽好きが高じて、番組出演にとどまらず、テレビやラジオの番組監修、構成、音楽解説なども手掛ける。TOKYO MX『ミュージック・モア』(毎月第1・第5土曜日午前11時30分放送)ではレギュラーMCを務める。
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事