エンタメ

ダルビッシュ、片岡から“違法賭博”の選手まで…野球選手のYouTube神回

 ここ数年、俳優からお笑い芸人、アーティストといった有名芸能人たちのYouTube進出が激増。本田翼や川口春奈、江頭2:50などは新たなファン層を獲得するきっかけにもつながっている。その流れに乗るかのように、元プロ野球選手や現役プロ野球選手たちも続々とYouTube界に参入していることをご存じだろうか?

ブームのきっかけはいぶし銀二塁手?

 そのさきがけとなった選手は意外や意外……、大洋や横浜で活躍した名二塁手・高木豊だ。現役監督や球界OBを招き、ペナントレース予想や過去の名勝負や名選手にまつわる話に花を咲かせるスタイルが好評を博し、コアな野球ファンを中心に視聴されるようになった。  その後、里崎智也(元ロッテ)、片岡篤史(元日本ハム・阪神)、井端弘和(元中日・巨人)らが同様のスタイルでチャンネルを開設。さらに今年になってからは川上憲伸(元中日ほか)、上原浩治(元巨人ほか)といった大物OBなども続々と参戦。さらに、バリバリの現役選手の中でもダルビッシュ有(シカゴ・カブス)や前田健太(ミネソタ・ツインズ)も投稿を行なっており、一大ムーブメントになろうとしている。  そんな数多くのプロ野球選手YouTubeの中から、まだ見たことのないプロ野球ファンのために特に注目すべきチャンネルとぜひ見ておきたい“神回”を、在京のスポーツ紙記者や野球専門誌ライターに教えてもらった。

WBCでの“井端のミラクルヒット”の真相

 まずは、在京のスポーツ新聞社の番記者でもあるA氏に話を聞いた。 「記者をしていても聞き出せなかったウラ話をしている選手が多くて、私の取材力のなさを痛感することもあります(苦笑)。衝撃的だったのは、井端弘和さんの『【イバTV】井端弘和公式チャンネル』で2013年のWBC・台湾戦の逸話を赤裸々に語っていた回。実は“ホームランを狙っていた”というのは初耳でした。他にも、鳥谷選手の神盗塁についても語っていて、“伝説の一戦”のインタビューとしてとにかく貴重な回なのでぜひ見てほしい。

清原の薬物秘話と野球への愛

 もう一つ挙げるとしたら、『片岡篤史チャンネル』の清原(和博)さんが登場したシリーズですね。片岡さんはPL学園の後輩なので、どうせナァナァな会話で済ませるのかと思ったら“薬物を再度使用するのではないか?”といったかなりツッコんだ質問もぶつけていたことに驚きました。後輩だからこそ「再犯してほしくない」という愛情があるんでしょうね。  別の回で清原さんが、対戦した選手からベストナインを選出する企画やPL学園時代の話をしているときに、少しずつ目が生き生きとしてくる様子も印象的でした。やはり、清原さんは野球が好きなんだなと……。テレビではここまでの内容を放送できないでしょうから、ある意味YouTubeならではの映像だと思いましたね」

ゲーム実況も面白いダルビッシュ有

 続いて、野球専門誌やネットでのスポーツ記事を執筆する松本重樹氏にも話を聞いた。 「現役メジャーリーガーにして、日本を代表するインフルエンサーになったダルビッシュ有のチャンネル『Yu Darvish』はいつも楽しく見ています。変化球の極意などについて語る回も見ごたえがありますが、喫煙事件の真相を語る回(高校野球編・プロ野球編)は面白かったですね。プロ野球界の悪しき習慣を自らの経験を通じて苦言を呈すという、体を張った投稿だなと思いました。  ダルビッシュは『プロ野球スピリッツ』というゲームの実況配信をする『ダルビッシュのゲームチャンネル』も開設していてそれも最高です。ゲーム実況はもはやユーチューバーそのものですし(笑)、時折飛び出るプロ選手たちのウラ話も楽しいです」
次のページ
プロ野球界の闇を暴露しまくる笠原将生
1
2
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事