お金

100万円以上でも即決の腕時計投資家が6年間も悩んで手に入れたものは?

6年間悩んでよかったことはアンプが進化していた!

 それが「どのアンプを選ぶか」というハードルです。ただ、これに関しては6年も迷っていた間に製品が進化し、今はUSB-DAC内蔵のプリメインアンプが一般的となっています。  それでも、どのアンプを選ぶかは問題でした。  4312MIIぐらいの小さなスピーカーには、小さいアンプで良さそうなところですが、ネットで調べていると、「小さいスピーカーこそ大きなアンプ」といった指摘もあります。  さんざん迷った挙げ句、私はDENONのPMA-2500NEとPMA-60のどちらにするかという選択肢まで絞り込んだのですが、この2択でも迷いました。なぜなら、2500NEは中古でも高額。一方、PMA-60のような非マニアックな製品は、価格下落の可能性があるため、どちらが結果的に得かという判断はかなり難しいわけです。

DENONの小型プリメインアンプPMA-60。実勢価格は4万円台。USB-DACだけでなくbluetoothにも対応するデジタル向け製品

 そこで私は、「パソコン用スピーカーとして手軽に使いたい」という自分の目的を再確認。そうすると、半日つけっぱなしにするような使い方となるわけで、消費電力が重要となります。調べると、PMA-2500NEとPMA-60では消費電力に大きな差があることが判明。後者であれば、電球並のパワーだったため、つけっぱなしにできるレベルだと踏んだのです。  また、もし私が超高級なオーディオセットを持っているとしたら……という妄想もしました。仮にオーディオルームを持っていたとしても、PC用として気軽に使えるPMA-60を買うだろうなと想像できました。  こうして、私は4312MIIに続いてPMA-60を購入。懸念していた「良い音ではない」という結果にはならず、むしろ「これで十分!」という結果になったのです。  私は、YouTubeの動画もパソコンの効果音も、全てJBLの4312MIIで聴いているわけですが、そういった使い方は最高だと思っています。

デスクトップPC用のスピーカーとして往年のJBLらしい4312MIIを置くのが夢だった

 私のように6年も迷う必要はありませんが、6年経ってコロナ禍で家にいる時間が長くなってしまった今となっては、部屋の中に良い音を流すというのは、なかなかオススメです。
1986年生まれ。日本初の腕時計投資家として、「腕時計投資新聞」で執筆。母方の祖父はチャコット創業者、父は医者という裕福な家庭に生まれるが幼少期に両親が離婚。中学1年生の頃より、企業のホームページ作成業務を個人で請負い収入を得る。それを元手に高級腕時計を購入。その頃、買った値段より高く売る腕時計投資を考案し、時計の売買で資金を増やしていく。高校卒業後は就職、5年間の社会人経験を経てから筑波大学情報学群情報メディア創成学類に入学。お金を使わず贅沢する「ドケチ快適」のプロ。腕時計は買った値段より高く売却、ロールスロイスは実質10万円で購入。著書に『腕時計投資のすすめ』(イカロス出版)と『もう新品は買うな!』がある

もう新品は買うな!もう新品は買うな!

もう大量消費、大量生産で無駄遣いをするのはやめよう

1
2
おすすめ記事