エンタメ

カジノで得た120万円を、お手本のように2017年のトレンドで溶かした話

待ってくれ、待ってくれ

 焦ってメールを開く。「ロスカット通知」というメールが4通ほど入っていた。  ロスカットとは、損失を途中で強制的に止める行為のことで、レバレッジをかけていると発生する損切りシステムのことだ。元々入れていたお金以上の損失が発生したら借金になってしまうので、そうなる前に取引を勝手にしてくれる(この説明で合っているかは詳しくないのでわからないが、素人目にはそう思う)。  慌ててビットコインの値動きを確認すると、昼間に11万円ほど急に動いていた。11万円動くということは、15倍のレバレッジをかけている僕は165万円の値動きを食らうことになる。そして僕の資産が減る方向に動いていた。それまで見たことのない動きをしていた。  傾きは限りなく無限大に近く、突然11万円の値動きが合った。ワープに近い。 「待ってくれ、待ってくれ」  ネットを開いて確認してみると、億り人も誕生していたし、命を断つとうなだれている人もいた。どうやら事実らしい。  心臓は速く鳴っていたが、それほど悲しい気持ちにならなかったのを覚えている。鼓動が落ち着く頃には狐につままれたような気持ちになっていた。きっと負けるのに慣れ過ぎていたからだろう。僕の中ではビットコインに変えてしまった瞬間にギャンブルがスタートしていて、心の奥底の方で失う可能性について覚悟が済んでいたのかもしれない。秋葉原の職場を出て一人で飲みに行った。  いつもはすぐに食べてしまうお通しを1時間ほどちびちびとつまみ、いつも飲まない強い酒を頼んだ。  その日の記憶は鮮明だが、今でも後悔はあまりない。人生最大の無駄遣いだったかもしれない。こんなに、金額に対して心が動かないギャンブルに出会ったのも初めてだった。 「元が取れてないな」  そう思った。仮想通貨は僕にとって感情のコスパが悪い。  次の日、その話を職場でしたらみんなにめちゃくちゃウケた。社畜人生が1年伸びた瞬間だった。 〈文・犬〉
―[負け犬の遠吠え]―
フィリピンのカジノで1万円が700万円になった経験からカジノにドはまり。その後仕事を辞めて、全財産をかけてカジノに乗り込んだが、そこで大負け。全財産を失い借金まみれに。その後は職を転々としつつ、総額500万円にもなる借金を返す日々。Twitter、noteでカジノですべてを失った経験や、日々のギャンブル遊びについて情報を発信している。 Twitter→@slave_of_girls note→ギャンブル依存症 Youtube→賭博狂の詩
1
2
3
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事