エンタメ

カジノで得た120万円を、お手本のように2017年のトレンドで溶かした話

―[負け犬の遠吠え]―
ギャンブル狂で無職。なのに、借金総額は500万円以上。 それでも働きたくない。働かずに得たカネで、借金を全部返したい……。 「マニラのカジノで破滅」したnoteで有名になったTwitter上の有名人「犬」が、夢が終わった後も続いてしまう人生のなかで、力なく吠え続ける当連載は第18回。  今回は、犬が珍しく稼いだ大金を○○○○に突っ込んだときのお話です。
犬のTwitterプロフィール

犬のTwitterプロフィール

=====

破滅するまで辞められないギャンブル依存症でもたまには勝って帰る

 これまで10回近くカジノ旅行という名目でフィリピンに行ったことがあるが、勝って金を持って帰ってこれたのはただの2回だけだった。  勝って帰ってこれた理由は、 「使い切れないほど勝った」 「ポーカーのトーナメントで優勝して急に大金を得た」  この二度だけで、自分でペース配分をして利益を確定して終わったことがない。金に対する価値観が歪みすぎてやめられないのだ。勝ちたい金額も明白に決まっておらず、ただただ生活をテーブルの上に置くのが好きだった。  簡単に言うと負けるまで博打をするし、博打が目的になってしまっているからその先の目標がない。快感を与えられた猿のようにひたすらチップとトランプを交互に触り続ける。甘い毒を味わった動物は、止める理由がなければ悲しいくらいに忠実だ。 「一撃でかいのが当たりゃあ、やめられるんだけどなあ」  というダメ人間の理屈はあながち適当ではなく、予期せぬ大金によって目を覚まし、さらに今までのスピードでギャンブルをしても減らないくらいの体力がなければならない。  ギャンブル依存症の人間は守銭奴でも銭ゲバでもない。所持金はあくまでHPのようなものでしかなく、私生活に重大な亀裂が入るまで金が人生と直結していると思わない。  初めて海外から金を持ち帰ってきたのは120万円だった。この時は複数のポーカーの大会で優勝、入賞を果たし、残り時間が少ない中のギャンブルでも運良く勝ち、帰りの飛行機の時間ギリギリまで負けることがなかったから勝って帰ってこれた。元々ポーカーの大会に参加するつもりはなかったが、たまたま一緒に行った当時の上司が、カジノで呆けている僕から5万円分のチップを奪い、 「お前はいつも同じ事しかしないから有意義に使ってやる」  と、僕の名前で勝手にポーカーの大会にエントリーしてしまった。

嫌いなギャンブルほどよく勝てるものよね

 ポーカーは長い時間がかかるギャンブルなので、ポーカーをしてもあんまり「響かない」人はとりあえずエントリーしてみてもいいだろう。速くてわかりやすいギャンブルが好きな依存症の中にはポーカーや麻雀と言った知的ゲームにハマり辛い人もいるだろう。  バカラや競馬で熱くなった頭を冷やすのにはちょうどいいと思う。無論、人によっては人生を破壊しかねないほどの中毒性を秘めているので、そこは自分の嗜好と相談しよう。  個人的にギャンブルそのものは人生を楽しくしてくれるし断たなければならないものではないので、うまく付き合うためには「速いギャンブルと遅いギャンブル」「好きなギャンブルとそうでもないギャンブル」を知っておくのは大事だと思う。どの道地獄に堕ちるとしても、冥土の土産はたくさんあった方がいい。  120万を持ち帰った後、僕は浮かれていた。カジノチップで見るとおもちゃにしか見えなかった「ソレ」は、日本円に交換した瞬間になんでもできる魔法の札束に変わっていたのだ。急に自分の成し遂げた偉業を思い出す。この金で人間の人生が買えるかもしれない。そう思った。数字にすると全然そんな価値はないのだが、100万円の実体にはそのくらいの魔力が宿っていた。  数日間、ずっと120万の使い道を考えていた。その間パチンコ屋にはほとんど行かなかった。100万円を目の前にして1万円ずつしか遊べないパチンコは全く魅力的に感じなかったからだ。その代わりに目に入ってきたものがある。  仮想通貨だ。 仮想通貨
次のページ
仮想通貨?
1
2
3
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事