ニュース

クルド難民の過酷な生活。仕事中に大ケガも労災を渋られ無収入に

 今や283万人の在留外国人が暮らす日本。コロナ禍で多くの人々が困窮するなか、外国人が置かれた環境は、さらに過酷なものだった。仕事もできず、帰国もできない…そんな彼らの極貧生活に迫る。今回はクルド難民の男性を取材した。

迫害を逃れて来日するも、待っていたのは過酷な労働

アラン・ワッカスさん(仮名・48歳・難民申請中)
[緊急ルポ]在留外国人の極貧生活

会社に労災申請への協力を取りつけたお祝いに知人が振る舞ったケバブ。繋がりの強いコミュニティが生命線だ

「トルコでは飲食店を経営していて、スタッフを数人抱えていました。どうしてこうなったのか……」  そう言って肩を落とすのは、クルド難民のアラン・ワッカスさん(仮名・48歳)だ。トルコでの比較的裕福な暮らしから一転、日本での生活苦を余儀なくされている。 「母国を持たないクルド民族は、トルコ・イラク・イラン・シリアなどにまたがって生活しています。ですが、少数派民族ということもあり、現在はトルコなどで激しい弾圧を受けています」  ワッカスさん一家も、石もて追われるように来日した。 「現在、日本には2000人超のクルド人がいます。特に多いのは埼玉県蕨市や川口市。私の親戚や知り合いも’90年代から日本に住んでいるので、仕事を紹介してもらえると思ったんです。それで就いた仕事が解体業でした。クルド人は頑丈ですが、40代の身にはとてもキツい仕事です。しかし、知人伝手ではこれ以外に選択肢はありませんでした」  給料は一日1万5000円。月20日ほどシフトに入るので、月収は手取りで25万円程度になる。 「アパートの家賃6万5000円に加え、妻と子供3人分の学費や生活費を払うと、手元にはほとんど残りません。特に去年からのコロナ禍で仕事も給料も減りました」

仕事中に右手を骨折、会社は労災にせず…

 そして、昨年12月、さらなる悲劇がワッカスさんを襲った。 「廃棄物を処理している際に、ユンボの操作ミスで右手を骨折してしまったんです。全治3か月の大ケガでしたが、会社は労災扱いにはしてくれなかった。『日本語もろくに話せないお前を雇っているんだ。それだけでも感謝しろ』と、社長に冷たく言われました」  働くこともできず、困窮したワッカスさんは支援団体に相談。事故から数週間後、ようやく労災認定が下りた。 「1月下旬からは通常勤務時の8割程度を受給できる予定ですが、現在は無収入。知人からの借金や、無利子のコロナ特別貸付金でなんとか乗り切っています。ただ、ケガが治っても前の職場に復職するのは気が重い。もともと、お金が目的で日本に来たわけでもないですから……。政情が落ち着いたら、一刻も早くトルコに帰りたいです」  ワッカスさん含め、親戚や知人の多くは解体業などの過酷な仕事に従事。まもなく高校を卒業する息子も、同様の職種に就く予定という。  生活のメドも立たないなか、ワッカスさんは母国の平和に一縷の望みを懸けている。 <取材・文/週刊SPA!編集部>
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事