ニュース

肌着の着用禁止…小学校のナゾの校則が「気持ち悪い」子持ちキャバ嬢たちの意見

 15日放送の情報番組「スッキリ」(日本テレビ系)にて、川崎市の一部の小学校で体操服の下の肌着着用を禁止されていることが報じられた。番組では、肌着の着用が禁止される理由として「体を丈夫にすることが目的」「皮膚の鍛錬」などが挙げられているということを紹介。また、担任の男性教師が個別に児童を確認して「胸の成長」を確認できた場合のみ着用を認めるケースがあるといった事実を伝えた。
体操服

写真はイメージです(以下同じ)

 報道に対してネット上では「気持ち悪い」「これを機に校則を変えていかなければ」など批判の声が殺到。これを見て、「意味のわからない校則を親が受け入れているのがおかしい」と述べるのは自身も子供を持つ熟女キャバ嬢達。今回は、度々ニュースで取り上げられる「ブラック校則」について彼女達の意見を聞いてみた。

娘の小学校でも…

 まず意見を聞いたのは都内の熟女キャバクラに勤務するユリナさん(仮名・34歳)。 「うちの娘の小学校でも、体育のときに肌着の着用が禁止されています。理由は汗をかいたままだと風邪をひくからと入学時に説明されました。幼稚園のときも同じ理由で禁止されていたのですが、いま考えると替えの肌着を持っていけば解決するのでは……と思います。 体操着 娘はまだ低学年なのですが、高学年の子がいる保護者は普通に着させていると言っていました。それなら、別に低学年とか関係なく着させれば良いと思いますよね。  でも、思い出してみると私が小学生のときも肌着の着用は禁止でした。それに体育のとき、着替える場所も男女同じ教室でしたね。ひとつ言い出したらキリがないのかもとも思いますが、入学説明のときに親が疑問なく受け入れてしまうのが問題なんだと思います。報道されていた『担任の男性教師が個別で確認する』というのは気持ち悪すぎます」

昔の変な校則ってまだあるの?

女子高生 一方、自身も学生時代「変な校則」に悩まされた。と語るのは大阪の熟女キャバクラに勤務するアミさん(仮名・33歳)。 「度々、『ブラック校則』のニュースが問題にされますがなぜ今更? と思いますよね。特にナイわ……と思ったのが、長崎県の高校で生徒の下着の色を白と校則で決められていたこと。令和でそんな昭和の校則みたいなのが、まだ残っていたことに驚きですよ。  あと、東京の都立高校の4割以上で黒髪直毛以外の生徒に対して『地毛証明書』の提出を未だに求めていることにも驚いた。私は東京出身で都立高校だったのですが、元々地毛が少し赤みがかっていたので証明書を出せと言われていました。今は昔に比べるとハーフや外国人の生徒も増えていて娘が通う小学校でも各クラスに2~3人はいます。  そういえば、大阪でも校則で髪型が定められている男子校があるそうです。離婚した旦那が卒業生なのですが、月に1度頭髪検査があって少しでも伸びていると襟と耳元を刈り上げなければいけないとか。その反動で旦那は高校卒業後、髪を染めてチャラ男化したそうです。校則って正しい態度を育てるのが目的なのに、反動が起きたら何の意味があるんだろう?、と思っちゃいました(笑)」
次のページ
親が指摘しづらい風潮は『モンペ』のせい?
1
2
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事