ライフ

ユニクロで可能。少ない小遣いでオシャレな父親になる秘訣

 少ない小遣いに耐え、洋服代にも困り、よれよれのスーツやジャージで諦めている子育て世代の男性たち。家計再生コンサルタントの横山光昭氏が算出した手取り39万円4人家族の理想の家計簿によると、使える被服費は月7800円。妻や子供の分を差し引けば、父親に残る金額は雀の涙だ。そんななかでも可能なオシャレを、数々のアパレル事業を手がけるまとめ氏はこうアドバイスする。

限られた洋服代の中で、オシャレな父親になる秘訣

年収500万円

「感動パンツの色は『黒』を買ってください。合わせやすく、落ち着きがあり、足が長く見える効果もあります」(まとめ氏)

「まずゲットしてほしいのがユニクロの『感動パンツ(黒)』(3990円税込み)です。ユニクロは“ライフウェア”をコンセプトにしているので、丈夫で洗濯してもシワにならない。しかも、一本あればビジネスもカジュアルもこなせます」(まとめ氏)  ビジネスシーンならばジャケットを合わせ、休日はパーカなどでカジュアルダウンする。コーデの起点となるこの一本で、クローゼットの服が息を吹き返すという。 「また、靴はGUが圧倒的に高コスパ。『アクティブスマートダービーシューズ カラー80』(2990円税込み)は、ぱっと見ただけでは、同じデザインの2万円の靴と遜色なく、これも手に入れてほしい一品」

メルカリで節約できる?

 一方、コスパを上げるならメルカリなどフリマアプリという手もあるが? 「フリマアプリは、初心者が使いこなすにはリスクが大きい。特にパンツはサイズ感が命なので危険。トップスもオーバーサイズのものなら比較的安全ですが、タイトなシルエットのものはオススメしません」
次のページ
ユニクロの次は?
1
2
3
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事