ライフ

”夏季オリンピックの名言”歴代ベスト10…北島康介「なんも言えねえ」は4位

 いよいよ本日7月23日20時より開会式が行われる東京オリンピック。コロナ禍が続く中、ほぼすべての会場で無観客での開催が決定。かつてない環境下で競技が行われることになったが、一流のアスリートたちが自身の競技者人生をかけて臨むことは変わらない。  そこで、東京オリンピックの開会式に先立ち、これまでの夏季オリンピックを彩ってきた名言をプレイバック。「印象に残っているオリンピック名言」ベスト10を紹介する。

10位 「自分が弱いから負けた」 5.5%

柔道・篠原信一(2000年シドニー
篠原信一

篠原信一

 同率10位は2つの名言。2000年シドニーオリンピック、柔道100kg超級決勝でフランス代表のダビド・ドゥイエと対戦した篠原信一。試合は篠原の内股すかしが決まり、一本と思いきや、逆にドゥイエの有効ポイントとなる。一度はポイントで並ぶも最終的には内股返しで有効を取ったドゥイエの判定勝ちし、「世紀の大誤審」と呼ばれる騒動に発展する。  のちに国際柔道連盟が誤審と認めたミスジャッジだったにもかかわらず、篠原本人は言い訳せず、制限時間内にポイントを取り返せず、一本を取れなかった自身を責めた。その潔さに日本中が感動した名言。

10位 「めっちゃ悔し~い」 5.5%

競泳・田島寧子(2000年シドニー)  もうひとつの同率第10位は2000年シドニーオリンピック、競泳女子400m個人メドレーで銀メダルを獲得した田島寧子がレース直後のインタビューで残した「めっちゃ悔し~い」。  悔しがりながらも明るく振舞う彼女のこの名言はこの年の流行語大賞トップテンに選ばれるほど大ブレイク。だが、後日、彼女はその考えを改めた上で「悔しいけど、やっぱり、それを受け止めないと、『銀』が寂しがっております」と語っている。
次のページ
9位は2016年リオデジャネイロ大会の名言
1
2
3
4
5
6
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事