ライフ

<台湾鉄道旅>5日間で台湾一周終了。気づけば食べ歩きメインの旅になっていた…

―[シリーズ・駅]―
 鉄道で台湾一周をするべく台北駅を出発。宜蘭や花蓮、台東といった街を経由して東部を南下すること3日目、ようやく旅の折り返し地点の高雄駅に到着今回はここから台湾西部を北上する鉄道旅の様子をレポートする。
台湾一周

世界でもっと美しい駅ランキング2位の美麗島駅

“世界でもっとも美しい駅ランキング”2位の美麗島駅

台湾一周

1941年に建てられた旧高雄駅舎

 現在、高雄駅は大規模なリニューアル工事の真っ最中。そのため、1940年竣工の旧駅舎には残念ながら入れずじまい。外から遠目に眺めるだけだったが、台湾の南の玄関口にふさわしい立派な建物で保存されているのも納得だ。  ホテルのチェックインには時間があったので荷物だけ預け、そのまま市内観光へ。最初に訪れたのは高雄駅から地下鉄で1つ隣の美麗島駅。駅改美麗島駅札前の広場の天井や柱は4500枚ものステンドグラスで覆われ、巨大なパブリックアートになっている。米国の大手旅行サイトが行った“世界でもっとも美しい駅ランキング”では2位に選ばれ、現在はガイドブックにも紹介されている人気スポットだ。
台湾一周

海から見た高雄市街

 でも、同じくらい気になったのは地下鉄の車内で流れた日本語のアナウンス。気になって後で調べたところ、運営する高雄捷運は過去に複数の日本の鉄道会社とキャンペーンなどの業務連携を行っており、日本人観光客の誘致に力を入れているらしい。

離島・旗津島は海鮮グルメで人気

台湾一周

高雄の離島で観光名所にもなっている旗津島

 次は美麗島駅で紅線から橘線に乗り換え、終点の西子湾駅で下車。さらに10分ほど歩いて着いたのはフェリー乗り場。ここから目と鼻の先に浮かぶ旗津島に行くためだ。  全長約11キロ、幅約200メートルという細長の島は、高雄でもっとも古くから栄えていた場所のひとつ。文化財に指定されている旗後砲台や旗後灯台、昔ながら街並みを残す旗山老街など見どころが盛りだくさんだ。
台湾一周

イカ焼きは旗津でも人気グルメ

 また、海鮮食堂をはじめ、さつま揚げのような練り物やイカ焼きを売る店も多い。筆者は屋台で買ったゲソ焼きを歩きながら食べた程度だったが、新鮮な海の幸を求めてわざわざ台北から食べに来る人もいるそうだ。
次のページ
同じ駅なのに新幹線と在来線で駅名が違う?
1
2
3
4
5
6
テキスト アフェリエイト
新Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事
おすすめ記事
Cxense媒体横断誘導枠
余白
Pianoアノニマスアンケート
ハッシュタグ