ライフ

「射精まで10分程度」障害者の性介助サービスを行う40代女性が語る、“やりがい”を感じる瞬間

 累計発行部数23万部(2023年7月末付)のベストセラーとなった第169回芥川賞の受賞作『ハンチバック』(文藝春秋)。自身も先天性ミオパチーを患う著者の手で主人公である重度障害者の女性の性的な欲求が赤裸々に描かれている。
介護

※画像はイメージです(以下同じ)

 本書を読んで、障害者の性に対して、いかに無知であったかを深く考えさせられた人も多いのではないだろうか。手足が不自由なゆえに、自慰行為を行ったり、パートナーとセックスできない人たちは、普段どのように性と向き合い、性欲を満たしているのだろうか。  性の問題「社会の問題」として捉え、重度の身体障害を持つ男性に”射精介助”を提供しているのがホワイトハンズだ。同団体は、2008年に設立されてから15年にわたって射精介助サービスを提供している。前編の記事では、代表の坂爪真吾氏に射精介助サービス事業を始めた経緯や利用者のニーズなどを聞いた。後編では、実際に射精介助を行なっているケアスタッフの鈴木華子さん(仮名・40代)に現場の声を取材した。 【前回記事を読む】⇒芥川賞で話題の「射精介助」。東大卒代表が語る、障害者の“性欲を満たす”現場のリアル

介護の現場で障害者の性に直面

――どのようなきっかけで射精介助のケアスタッフになったのですか。 鈴木華子(以下、鈴木):12年ほど前に介護の仕事で、男性の重度障害者の家事援助を行っていた時のこと。蓄尿袋を付けている方で、「炎症が起きて痛いから蓄尿袋を差し替えたい」と言われたんです。手も不自由な方なので、差し替えをお手伝いするために、男性器に触れたら勃起されて……。 「女性に触られたら勃起するのは当たり前だよな」と思いつつも、それに対してどうしてあげることもできず戸惑いました。結局、勃起が収まるのを待ち、蓄尿袋を差し込むのをお手伝いして退室したのですが、「手足が不自由な方は普段、性的な欲求をどのように処理されているのだろう」と考えたんです。  その経験を機に、障害者の性に関心を持つようになり、射精介助の仕事をしてみたいと思うようになりました。当時、介護福祉士の資格を持っていたものの、障害者の性に関する知識を得てから仕事に就いたほうがよいと考え、ホワイトハンズが行なっている「障がい者の性」検定を受験。2020年2月に合格して、すぐに射精介助スタッフとして登録しました。でも、直後からコロナの感染拡大が始まって、なかなか依頼が入らず……。初めて依頼が入ったのは2022年10月のことです。

1回30分、未経験者も始めやすいケア

射精 介助

画像はイメージです

――介護と射精介助のお仕事をかけ持ちされているのですね。 鈴木:はい。重度訪問介護の仕事を本業とし、空き時間に2週間に1回のペースで射精介助の依頼を受けています。 ――初回訪問の際、不安や抵抗はなかったですか。 鈴木:これまでに介護の仕事で男性高齢者の排泄や入浴介助の経験がありますので、全く抵抗感なく始められました。射精介助は排泄等と異なる部分もありますが、事前にホワイトハンズから送られてくるテキストで、手順がわかりやすく書かれているので、未経験の人でもスムーズに始められると思います。
次のページ
濡れたタオルで男性器をふいて…射精介助の流れ
1
2
3
おすすめ記事