ニュース

ロシアが世界からの批判をシカトし続ける“本当の理由”。ロシアの「裏」にあった意外な思想

ロシア プーチン大統領

©Igor Dolgov/Dreamstime.com

 なぜ、ロシアや中国などの社会主義国は、国際社会の批判を無視して、他国を侵略し、自国の利益を拡大しようとするのか? 「日本人から見ると理解不能な行動の裏には地政学の理念がある」と語るのが、経済評論家の上念司氏だ。  なかでも、昨今のウクライナ侵攻で知られるロシアの行動原理にあるのが「ドイツ地政学」だという。かつては世界大戦時にナチスやスターリンに大きな影響を与え、現在のロシアにも連なる「ドイツ地政学」とはどんなものなのか。
経済で読み解く地政学

『経済で読み解く地政学』

 上念氏の新刊『経済で読み解く地政学』(扶桑社刊)から一部抜粋・再構成してお届けする。

ナチスやスターリンに影響を与えた「ドイツ地政学」とは?

経済で読み解く地政学

※画像はイメージです(以下同)

 イギリスの地理学者であるハルフォード・マッキンダーの生み出した「ランドパワーVSシーパワー」という考え方があります。 「ランドパワー」とは、ロシア、中国、ドイツ、フランスといった大陸国家を指します。これら大国は領地内で自給自足を完結させるために、より広い領地、すなわち「生存圏」を得るために、国土を防衛し、新たな領地を獲得するために強力な陸軍を必要とします。  一方の「シーパワー」はアメリカ、イギリス、日本、オランダ、スペインといった海洋国家が中心です。分散的に存在する独立主体の国家が、ネットワークのように結びつき、「自由で開かれた交易」を重んじます。海上の交易路を防衛するため、強力な海軍を必要とします。  これら「ランドパワー」と「シーパワー」は常に対立するとしたマッキンダーの思想が、ドイツ人の思想家であるカール・ハウスホーファー(1869~1946)らの思想と融合し、「ドイツ地政学」を生み出します。

「ドイツ地政学」5つの要点

経済で読み解く地政学 ハウスホーファーが掲げた理論の要点は、以下の通りです。 (1)生存圏と国家拡大理論 (2)経済自給自足論(アウタルキー) (3)ハートランド理論とランドパワーとシーパワーの対立 (4)統合地域(パン・リージョン) (5)ソ連とのランドパワー同盟による世界支配 (1)から(3)は、マッキンダーをはじめとするそれまでの地政学の大家たちがつくり上げた理論を援用したもので、(4)以降がハウスホーファーのオリジナルの地政学です。
次のページ
「他国侵略もやむをえない」と考えるのは、○○のため?!
1
2
3
経済で読み解く地政学

大転換期を迎えた
世界の構造が丸わかり!

テキスト アフェリエイト
新Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事
おすすめ記事
Cxense媒体横断誘導枠
余白
Pianoアノニマスアンケート