ニュース

[禁煙ファッショ]客からのクレームで疲労困憊に!

神奈川県内の飲食店の悲惨な”現状”とは……?
【case2】客からのクレームで疲労困憊に!

 条例施行後、分煙にしたのはいいものの、嫌煙客からの過剰な苦情を受ける店も後を絶たない。自ら営む居酒屋を4月から分煙にしたFさんも、嫌煙クレーマーには頭を悩ませている。

「以前に比べて非喫煙者がタバコに敏感になり『なんかこの店タバコのにおいがする』と、たちの悪いクレームをつけてくることが増えました。また、『神奈川県の店は禁煙か何らかの分煙対策をしているのが当然』と考えているお客が多いようで、ほんのちょっとしたにおいで入店拒否をされることも

 受動喫煙を嫌がる気持ちはわかるが、何もそこまで差別せずとも……。しかし、クレーマーは嫌煙家だけとも限らない。

 横浜市にある某居酒屋経営のGさんは、禁煙を徹底した結果、毎夜のごとく喫煙者から文句を言われるという。

「『タバコを吸いたい』と言う客に、条例を理解してもらうのは至難の業。『何で吸わせてくれないんだ』と酒の入った客にボヤかれるのは日常茶飯事です。また、『前は吸えただろ!』と一喝されることもありましたね」

 ならば分煙すればいいかといえば、必ずしもそうではない。レストラン経営をするHさんは「分煙後もトラブルはある」とつぶやく。

「店内に1畳ほどの喫煙ブースを設置することにしたんです。でも、ブースが狭いので『こんな窮屈な場所でタバコを吸わせるのか!』と怒る人もいるし、タバコを吸うために外に出ていく人もいる。本来、お店はお客さんにリラックスしながら食事を楽しんでもらう場所。その期待に応えられないのが、一番キツいですね……」

 嫌煙家と愛煙家の板挟みになり、ストレスをため続ける飲食店。条例が世の中に浸透するまで、今後しばらくこの苦境は続きそうだ。

CL4_100921_05.jpg

CL4_100921_06.jpg

タバコに関するクレーム回避に有効な店外表示のステッカー。
分煙、禁煙を行わず、利用者側に”店の選択”を促すメリットがある


イラスト/テラムラリョウ
― 神奈川発[禁煙ファッショ]が飲食業界を滅ぼす!【3】 ―




おすすめ記事