雑学

中国で行われた「犬肉祭」に潜入

中国で行われた「犬肉祭」

市場で売られていた犬たち

 6月21日、中国の広西チワン族自治区の玉林市では今年で19回目となる「ライチ犬肉祭」が行われた。毎年、夏至の日に行われているこの祭の由来については諸説あるが、食べ過ぎると体がのぼせ、夏に不向きとされるライチと犬肉を夏至の日に「食べ納め」するという説が有力。民間信仰的な慣習にすぎず、日本の「土用丑の日」や「節分の恵方巻」に近い。歌や踊りがあるわけではなく、ただライチと犬肉を食べることだけが唯一のイベントだ。この日だけで、1万頭以上の犬が550万人の玉林市民の胃袋に入ると言われている。

 しかし、この祭りの存在が2~3年前からネットを通じて世界中に広がり、欧米はもとより、中国国内からも大批判を浴びるようになった。今年は祭りのずっと前から国内外で反対運動が起きたので、「当局もピリピリしている。犬を捌いたり、販売することを禁じる法律はないので、検挙や中止もできない。地元政府も、これまでは祭を黙認していたが、今年はかなり踏み込んで規制している」(現地にいた中国メディアの記者)とのこと。

 また海外メディアへの視線も厳しく、犬を調理する様子を撮影していた海外メディアの白人男性には、店員が「撮るな」と叫び、またたく間に客などにも囲まれ「犬食は伝統文化だ!」「生業を否定するのか!」とやり玉に挙げられる一幕も。

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=676053

中国で行われた「犬肉祭」

犬肉料理店の軒先で演説を始める酔客たち。こうした光景は多々見られた。野次馬も加わり、警察も制止できない

 犬食文化を理解しようと犬鍋(約900円)を食べてみた記者によると、その味は「臭いやクセはまったくなく、コラーゲンが豊富で濃厚な味わい」だったという。

 地元のタクシー運転手は、国内外からの批判で、今年の祭は例年の半分以下の規模になったと話し、「来年はもうない」と言った。これは飽くまで現地市民の意見だが、果たして来年以降もこの「犬肉祭」が開催されるのか否か。注目が集まっている。

※週刊SPA!7/8発売号では、より詳細な「犬肉祭」のリポートを掲載中。現地での様子を詳しく知りたい人は、ぜひご確認を。

<本稿再構成/SPA!編集部 本紙構成/奥窪優木 写真/バーナード・コン>

週刊SPA!7/15号(7/8発売)

表紙の人/壇蜜×アラサーちゃん

電子雑誌版も発売中!
詳細・購入はこちらから
※バックナンバーもいつでも買って、すぐ読める!




おすすめ記事