雑学

「日本のマンホール」が世界で大人気!ジャスティン・ビーバーも注目!?

日本を訪れる外国人観光客は年々増えており、昨年は過去最高の約1000万人に及んだ。そこで来日中の彼らが「クール!」と思った日本のアイテムやカルチャーを聞いてみた!

◆ジャスティン・ビーバーも注目!?世界で人気の日本のマンホール

デザインマンホール100選デザインマンホール100選』という書籍が発売されたり、「マンホールナイト」というイベントが開催されたりと、愛好家が増加中のマンホール。海外でもその人気は高いそう。「マンホールナイト」実行委員の方々にその状況を聞いた。

「2010年には、外国人の写真家が発表した写真集『Drainspotting: Japanese Manhole Covers』が海外で話題を呼びました。同書で撮影されたのは、地域の名産や特色を題材にした、色鮮やかなデザインマンホール。海外のマンホールは見た目がシンプルなのものが多いので、驚く人も多かったのでしょう」(実行委員・白浜公平氏)

 最近はマンホールを撮影する外国人も国内で目撃されている。

「さらには、マンホールの拓本をとる外国人の姿もありました。来日したジャスティン・ビーバーも、マンホールの写真をSNSに投稿していましたよ(笑)」(白浜氏)

 現在は外務省の英語サイト『Japan Video Topics』でもマンホールが紹介されており、観光や日本文化の紹介に活用する動きも見え始めている。

「東京五輪のマラソンコースにも、ぜひ全国市町村のデザインマンホールを配置してほしいですね」(実行委員・森本庄治氏)

 なお地味なマンホールを撮影する外国人もいるそうで、「マンホールはインフラ、歴史の側面からも楽しめる」(実行委員・竹内正則氏)そう。興味がある人は11月2日の「マンホールナイト」を覗いてみては?

― 外国人観光客が語る「これが私のクールジャパン」【5】 ―

デザインマンホール100選――阿寒から波照間島へ旅歩き

世界に例のない日本のサブカルチャー、マンホールデザイン

Drainspotting: Japanese Manhole Covers

日本の色鮮やかなデザインマンホール




おすすめ記事