恋愛・結婚

この世のすべてをズリネタに変える奇書中の奇書『自慰マニュアル』を知っているか?

 筆者がこの本と出合ったときの、あの衝撃。奇書と呼ぶには奇書すぎる、この本。筆者は、この本を皆様にご紹介できる機会をようやく得られた喜びに震えている。それが98年に発売された、辰見拓郎先生著の『自慰マニュアル』である。

自慰マニュアル この本は5人から成る「オナリンピック委員会」が様々な自慰方法を実践・紹介するという内容。タイトルまんまの中身に映ると思うが、その自慰方法というのがキテレツすぎるというか、常軌を逸したものばかりなのだ。

 まず第1章で紹介されるのが「1人風俗」。これは端的に言えば、女装オナニーの勧めである。しかし本書では、事細かに、微に入り細に入り、丹念に描かれている。まずヌードの切り抜きと好きな女性の顔写真ををスキャナーで合成。それをまず、「指名写真」とするのだ。

 次にプラスチックのコップにスポンジを詰めるという、earlyTENGAの作り方も書かれている。そして自身の女装マニュルと続くのだが、こちらも本格的。シリコンオッパイを作る過程が写真とともに掲載されている。よくエロ雑誌の企画で「シリコンオッパイを作って本格的な女装で盛り上がろう」という記述を目にしたことはあるが、実際に作っている過程を見たことがない。つまり、本書は「本気」なのだ。

 この「1人風俗」は、大好きな愛子チャン(本書でそう設定されている)になりきり自慰行為を楽しむというものなのだが、愛子チャンになりきった中年男性が写真で登場し、順を追っていくという恐ろしい、いや、わかりやすい構成となっている。

 ブラとパンティ姿の中年男性が鏡の前で己の乳をまさぐる、という写真に「キャミソールを脱がせて愛子チャンを触りまくる」というキャプション。

 シリコンオッパイを付けた中年男性が快感にもだえる演技をした写真に「感触が気持ちいい~」のキャプション。

 伊達や酔狂でこれができるだろうか? 重ねて言うが、本書は「本気」なのだ。

次のページ 
第2章では「会社オナニーの勧め」 美人OLの…

1
2
3
俺たち妊活部―「パパになりたい!」男たち101人の本音

借金まみれのどん底ライターが妻と挑んだ、涙と笑いの妊活記録


自慰マニュアル

自慰行為で気持ちも癒されてこそ、本当のオナニー




おすすめ記事