スポーツ

おバカでもプレーは規格外!日米野球はヤシエル・プイグに注目

 いよいよ今日から始まる日米野球2014。8年ぶりの日本開催で士気が高まるファンも多いことだろう。そんな中、日刊SPA!がイチオシの注目選手がいる。ドジャースのヤシエル・プイグ外野手(23歳)だ。

 今年のMLBメンバーは29名の精鋭が集った。岩隈久志(マリナーズ)、和田毅(カブス)らと共に選ばれたプイグ選手はとにかく“規格外”の選手。おまけにちょっと「おバカ」という実に憎めないキャラの持ち主なのだ。

おバカでもプレーは規格外!日米野球はヤシエル・プイグに注目 攻撃時のサインミスや、守備時のアウトカウントの勘違いは日常的。そのためプイグが出塁するとドジャースの1塁ベースコーチは、キューバ出身のプイグのためにスペイン語で「今、何アウトか?」と毎回しつこくプイグに確認するようになったとか。

 それでも走塁や守備の勘違いやボーンヘッドも完全には断ち切れず、「不用意なアウトや失点」を与えてしまい、味方投手陣から睨まれることもしばしばのプイグ。ドジャースのネッド・コレッティGMにその点を直撃してみると「他の誰にも真似できないプイグのラン・プロデュース力は魅力的だろ(笑)」と、諦めともつかない返答。

 そんなプイグ選手の「規格外」の伝説を紹介しよう。

◆ファウルでもないのに止めたバットが真っ二つ!

 メジャーデビュー2年目を迎えた今年8月8日。ミルウォーキーでのブルワーズ戦での7回の第4打席に「事件」は起きた。ブルワーズのサウスポー、デュークが投げた低めの半速球に反応したプイグ。次の瞬間、プイグはバットを止めたが、ヘッドスピードの速さに940gのバットは耐えきれず、バットは根元から真っ二つにポッキリと折れる「事件」。

※【動画リンク】http://m.mlb.com/news/article/88675286/yasiel-puig-is-so-strong-he-snaps-hia-bat-checking-a-swing

 ご覧いただければわかるとおり、一見するとファールチップにも見えるこの動画。実際にはバットにボールは当たっていないが、プイグも一塁に1、2歩走りだそうとしているのが確認できる。マンガの世界を地で行くこの光景に、現地の実況も「ハーフスイングでバットが折れるなんて! 信じられない光景だ! 新たなプイグ伝説だ!!」と興奮まじりに伝えた。

◆背番号はジミ目の「66」

 日本では「エースの背番号は18番」と定着しているように、プイグの母国キューバでは、そのチームの最も素晴らしい選手は「11」をつける傾向が強い。ところがドジャースに昇格したプイグが自ら選んだのは「66」。このチョイスには周囲も首をひねるばかりだという。

◆キューバから小型ボートで亡命

 一攫千金を夢見て、命がけで小型ボートに乗ってメキシコまで亡命したプイグ。昨年マー君がヤンキースと交わした7年1億5500万ドル(約165億円)には及ばないものの、ドジャースはプイグに7年総額4200万ドル(約48億円)で契約。しかもドジャースの経営陣はキューバ国内での「超ド級の噂」を元に、プイグのプレーをほとんど見ずに契約を決めたことでも話題となった。

 昨年6月のメジャーデビュー戦では2試合目で2アーチを放つと、昇格からの5試合で4発のホームランを放って全米にその名を轟かせたプイグ。メジャー史上120年の歴史上、初めてとなる「デビュー月に月間MVPを獲得」という実力は本物だ。当時のドジャースは最下位に低迷していたが、プイグの攻守に渡る活躍が起爆剤となり、ドジャースは昨年、今年とナ・リーグ西地区でペナント2連覇を達成した。ひとりでチームを一変してしまうほどのプレーこそが、プイグの最大の魅力だ。

 11日に行われた「日本プロ野球80周年記念試合」では阪神・巨人連合を相手に5番・ライトで先発出場したプイグ。今日からはじまる侍ジャパンとの真剣勝負では、プイグのバット、プイグの守備を見て、新たな伝説の語り部となってほしい。

<取材・文/小島克典(スポーツカルラボ)>
http://www.facebook.com/SportsCultureLab
スポーツをカルチャーとして表現するメディアコンテンツ制作ユニット。スポーツが持つ多様な魅力(=ダイバーシティ)を発信し、多様なライフスタイルを促進させる




おすすめ記事