雑学

街の本屋の衰退以上に「エロ本コーナー」が消えている?

 90年代までに思春期を過ごした多くの男性読者にとって、アダルト雑誌すなわち「エロ本」を買うという行為は“性の通過儀礼”とも言えるほど一般的だったのではないだろうか。青少年の溢れんばかりの性欲を満たすには、携帯やネットが普及した現在と違い、当時はエロ本が何より手っ取り早かった。同級生と会うことのない少し離れた街の本屋に行っては、動物が獲物を狙うかのごとく、人がいない隙を見計らってお目当てのブツをピックアップする……そんな青臭い思い出を持った人も多いことだろう。

街の本屋の衰退以上に「エロ本コーナー」が消えている?

写真はイメージです

 だが、その街の本屋も、大型店舗やネット書店の台頭により次々と姿を消しており、地域に本屋が1軒もない「書店ゼロ」の市町村も今や全国で300以上にのぼっている。ただでさえ本を手に取って買っていた世代にとっては寂しい話だが、さらに追い打ちをかけるかのように、今現在残された本屋では、あの思い出のエロ本コーナーが消えている傾向にあるのだ。

◆子供の目に触れないよう最上段へと“逃がす”

 東京の下町・新小岩で長年愛され続けてきた書店店員はこう言う。「この辺りは中高年の男性の方が多く住んでいて、以前は成人向け雑誌もそれなりに売れてはいました。だけど時代にそぐわないこともあり、今はもう置いてないです。何より子供を持つ親御さんからのイメージが悪くなっちゃうから……」

 千葉県・津田沼駅近くに構える書店の店員は「うちはジャンルは気にしないけど」と前置きしたうえで「やっぱり売り上げ自体が無いからね。それならマンガを置いたほうがいい」と実利をとるために、エロ本コーナーを無くすという決断に至ったようだ。

街の本屋の衰退以上に「エロ本コーナー」が消えている?

写真はイメージです

 もちろん街の本屋に全くエロ本が置かれて無いわけではない。北区・十条の商店街にある書店では、申し訳程度ながら“熟女モノ”を中心とした、成人向け雑誌コーナーが設けられている。だが、ここも以前よりスペースが縮小したとのこと。「この街にお子様が多いということもあり、そうした雑誌を置くのはふさわしくないということで売り場を小さくしました。それに加えて、子供でも目につかないよう一番高い位置に売り場を逃しています」と店員は話す。

 かつては月に30万部も売れていたと言われるエロ本も、相次ぐ出版社の倒産とともにますます肩身が狭くなっているが、オカズとして隆盛を誇るネットもエロ本も、対象はあくまで「女性の裸」であることに変わりない。もし街の本屋で置かれているのを見かけたとすれば、それはかなり貴重な機会だと思ってよいだろう。 <取材・文/日刊SPA!取材班>




おすすめ記事