雑学

女子中高生の流行語大賞2018。あげみざわ、かわね、すこ…いくつ知っている?

 今年もノミネート語が発表され、12月3日に年間大賞の発表を控える「ユーキャン新語・流行語大賞」。ノミネートされた30語を見て「こんな言葉知らない」「この言葉が入らないのはヘンだ」といった違和感を覚えた人も多いだろう。そこで、毎年恒例!! 『SPA!』が選ぶ「2018年の裏流行語大賞」を発表!! まずは、JC・JK編から。

YouTuber発の言葉が席巻中


JK

1位 あげみざわ

「~み」は若い子の日常語になったが、この言葉の意味は「『あげみ』とほぼ一緒で、『テンション上がって最上級!』みたいな感じです」(選者・宮本茉里奈氏/以下同)。同様に『やばみざわ』という言い方も

2位 いい波乗ってんね

 もともとセクシー系ユニット「ファッキングラビッツ」の歌の歌詞。「TikTokでそのダンス動画や口パク動画が流行って有名になりました」。今はSNSのコメントなどで使う人も

3位 全力○○

 TikTokで「全力笑顔! 全力決め顔!」という声に合わせて動画を撮るのが流行し、広く使われるように。「『言いなり選手権』とか、指示通りの動作をするものが流行りやすいです」

4位 かわね

「かわいい」の意味で、ティーンの間でよく使われる言葉に。「こちらはYouTuberのあやなんさんが生み出した言葉。あやなんさんは、流行語の発信源になることが多い人ですね」。



5位 どこまでいっても渋谷は日本の東京

 YouTuberのKemioの言葉。深い意味はないが、独特の言い回しがウケて、渋谷に訪れた人がこの言葉をSNSに投稿することも。11月2日に同名の楽曲も配信リリース



6位 すこ

「好き」の意味で広く使われている言葉。「『好き』という言葉ほど重くなく、気軽に言えるのがいいのかもしれません」。「すこすこ」というように繰り返して使うことも

7位 めっかわ

「めっちゃかわいい」の略で、若い女子のあいだでは多く使われる言葉。その派生語として、「めっちゃありがとう」を略した「めっあり」も一部で使われている

8位 ASMR

「Autonomous Sensory Meridian Response」の頭文字。「『音フェチ動画』的な意味で『ASMR動画』という言い方をします。スライムをこねる音が流れる動画などが人気です」

9位 #きょコ

「『今日のコーディネート』の意味で、Instagramでよく使われます」。なお「#いつコ」は「いつかのコーディネート」の略で、過去のコーデの写真を載せるときに使われれる

10位 #3150

「最高」の意味で、最高の思い出の写真をアップする際などに使われる。「なお数字に関連するものだと、自分のSNSのアイコンに『2002』など生年を入れるのも流行中です」

次のページ 
選者・宮本茉里奈氏のコメント

1
2
週刊SPA!12/4号(11/27発売)

表紙の人/ 岡田准一

電子雑誌版も発売中!
詳細・購入はこちらから
※バックナンバーもいつでも買って、すぐ読める!





おすすめ記事