第261回

5月10日「ひきこもり放送準備中」

・ジャンクハンター吉田氏、ゲームラボ岩田氏と集まる。居酒屋で飲みながら話し、その内容を録音。ひきこもり支援ブログ(www.hikikomo.com)はPodCastingへの対応も可能になった。ネットラジオをやってみよう、ついては試しに音声ファイルをのっけてみよう、てな話になったわけだ。うまく行ったら秋葉原(吉田氏のオフィス)と中野ブロードウェイ(渡辺のオフィス)と、そして全国のひきこもり諸氏の自室をスカイプで結んで生放送をやってみようかと計画している。

・言いたいことは文章にした方がずっと伝わりやすいし、歌ったり喋ったりすること自体の面白さはプロの方々にまかせとけばいいわけだし、ブログラジオのポイントは臨場感にあると思う。

5月11日「神式」

・神楽坂事情、続報。例のゲームプロデューサーの大里さんが赤城神社の境内に新しいカフェ(「アカギカフェ」)をオープンした。行ってみたらやはりゲーム業界人だらけだった。
・神社の集会所の一部を改装したもので、緑に包まれてとても心地よい場所なんだけど、一つ提案あり。巫女カフェにしたらどうでしょう。

5月12日「仏式」

・中野ブロードウェイの東側は昭和30年代から変わらない裏路地飲屋街だ。戦後すぐトタン板で作られた建物まで健在で、スナックや居酒屋が元気に営業を続けている。迷い込んだらまるでタイムスリップしたような気分になることができるのでお薦めである(ただし、真夜中に営業を開始するお店が多いので要注意)。深夜、窓からそのネオン街を見下ろしていると様々な人間模様がかいま見えて飽きない。

・最近、『VOW’S BAR』という飲み屋を見つけた。「坊主バー」つまり仏教をコンセプトにした癒し系バーなのだという。スタッフは全員、本物の僧侶らしい。メニューは「煩カレー」など。チャージは「拝観料」として徴収する。系列に「尼僧バー」もある。

2006.05.10 |  第261回~

PROFILE

渡辺浩弐
渡辺浩弐
作家。小説のほかマンガ、アニメ、ゲームの原作を手がける。著作に『アンドロメディア』『プラトニックチェーン』『iKILL(ィキル)』等。ゲーム制作会社GTV代表取締役。早稲田大学講師。