TOP
ニュース
エンタメ
雑学
R-30
恋愛・結婚
マネー
カーライフ
スポーツ
デジタル

PROFILE

渡辺浩弐
渡辺浩弐
作家。小説のほかマンガ、アニメ、ゲームの原作を手がける。著作に『アンドロメディア』『プラトニックチェーン』『iKILL(ィキル)』等。ゲーム制作会社GTV代表取締役。早稲田大学講師。

第507回

4月22日「お金がちらばらなくなるだけ」


・YouTuberが年収ウン億ってネタで大騒ぎする番組を最近よく見るけど、テレビ側の「こんな仕事で?」っていうような上から目線に驚く。テレビ番組作ってる人、特に局や大手制作会社のサラリーマンの人たちは、危機感もってないのかな。

・このマーケットはいきなり湧いたわけではない。現在のカリスマYouTuberレベルの人気タレントはテレビの世界には何百人も存在しているわけだし、その人気はちゃんと経済効果につながっている。ただ、その収益は個人に直接渡ることなく、何千何万という人々に分配されていたわけだ。マスメディアをとりまく産業に関わる人々に。その中にはもちろん仕事してる人もいるし、全く仕事してないのに年収ウン千万もらっている人もいる。

・YouTuberの収益は、効率化によって個人から大衆に情報が直結して、お金の流れ方が変化し始めている現状の一角にすぎない。この現象が加速していくのは当然で、特にコンテンツ代金の流れについては今後ますます直接的になっていく。マスメディアの摩擦係数が激減していく。と、その摩擦熱で暖まっていた人たち、何もせずにただふんぞりかえっていた方々が、凍えはじめることになる。

・既存の人気タレントの中にも今の100倍稼いでもおかしくない人もいるのだ。ただし、もちろん逆もあり。マスメディアの中で輝くことができても、視聴者と直接繋がるネットメディアでは嫌われるタイプのタレントもいる(ここはとても大事なポイントなので稿を改める)。

・フリーランスとして、インデペンデントな活動でファンと直接繋がって収益を直接得るプロフェッショナルはどんどん増えていくと思う。ミュージシャンや作家、芸能人も一部は拠点をネットに移すようになるだろう。

・さて、一番大事なこと。こういう場所にシュバってくる大人たちって、まず学校作ろうとしたり団体作ろうとしたりするんだけど、これに関してはそれが大きな勘違いだって、わかるよね? そもそもシステムや権威付けがなくてもOKだからこそ急成長しているジャンルなのである。

2018.04.22 |  第501回~

第506回

4月15日「ネットカフェで暮らそう」


・ネットカフェに泊まり続けている若者(や中年)の取材映像をやたらと悲惨ぽく編集して、むりやり社会問題にしようとする報道をよく見かける。ネットカフェがなかったとしたら彼らは路上で寝ていたわけである。一世代前は、そこから多くの人々が犯罪者になったり浮浪者(不可逆的ホームレス)になったりしたわけだ。ネットカフェは今の若者のセーフティネットだ、と考えてはもらえないだろうか。

・先進国の大都市で、スラムは街の外ではなくそのど真ん中に出現する。ニューヨークでも上海でも香港でも、治安や衛生状態が良くない地域は高層ビル群の真下にうずくまっている。日本も格差社会化が進行しているにも関わらず繁華街にスラムができないのは、ネットカフェのような場所が生まれているからだと考える。

・ネットカフェが臭いとか狭いとか言ってる人って贅沢すぎるよ。たいてい結構清潔なシャワーもあるしジュースも飲み放題。ゆっくり眠れるし。そして十分なスペックのパソコンがあって、SNSも5ちゃんもゲームもやり放題、テレビだって映画だっていくらでも見られる。オタクにとっては天国じゃないか。特に物書きとか絵描きを目指している人は勉強もできるし仕事もできるし、発信もできる。人生一発逆転だって狙えるのだ。

・未経験の人は、一度行ってみたらいい。僕は何日か暮らしてみてすごく楽しいと思えてから人生すごくラクになった。1週間パックとか使えば月に5、6万。もちろんフリードリンクだけでなく外食で栄養とるとして、月に8万くらいで生きてけるかなあと思った。

・落語に出てくるような江戸時代の町人は、週に1日か2日働いて、あとは長屋でごろごろしてたそうだよ。月8万って、それくらいの感じでいけるんじゃないか。あるいはベーシックインカムを採用したとして配付金額はこのあたりに落ち着くのではないかとも考える。AI技術が多くの分野に適応される時代。人間は、そんなに仕事しなくてもよくなる。あるいは、できなくなる。そこであわてず、あせらず、本当に人間的な仕事だけをして、後は好きなことをして暮らす……そんなライフスタイルが見えてくる。

2018.04.15 |  第511回~

第505回

4月8日「 iPhoneユーザーが知らないこと」


・Androidのスマホを使ってる人には、うっかり口約束をしない方がいい。

・iPhone使っている人は知らないと思うけど、Androidユーザーは今もうすでに、全ての会話を録音しているからだ。Android端末はただアプリをセットするだけで通話が自動的に録音されるようになるのである。

・会話もメールと同じように、残るものになっているわけだ。何年何月何日の何時何分何秒に誰と何を喋ったか、ずっと後からでも確かめられる。テキスト変換ツールなどを使って音声を文字にしておけば、過去の全ての会話から必要な情報を自由自在に検索できる。○○さんの誕生日に何あげよう、そういえば半年くらい前にあの人ほしいものがあるって言ってたっけ……例えばそういう時、一瞬で調べられるわけである。

・やがて誰もが24時間、見たもの聞いたことを全て録画録音し自由自在に検索しながら行動するようになるだろう。そんな時代への一歩は、たとえばこんなふうに始まっている。今後、言った言わないでもめるようなことはなくなっていく。

・まもなく、スマホの録音データも、ドライブレコーダーのように法的根拠として認められるようになるだろう。残業証明にも使える。夫婦の会話の変遷も残るから、離婚調停もはかどることになる。そんな世の中になってくると、会話はできる限りスマホを通して行うということになる。向かい合っている人どうしでも、話をする時はスマホをONにするようになるだろう(今すでに、オフィスなど同じ空間にいても大事なやりとりはメールやLINEでやってるでしょう?)。

・ところがなんとiPhoneにはこの機能がない。何やってんだiPhone。アメリカでは相手の同意無しに通話を録音することがプライバシー侵害=違法とされるからだ。なんでアメリカの法律で僕らの使い勝手が制約されにゃならんのだと思うが、アップルとしては世界中に同一端末を普及させるという姿勢を堅持せざるを得ないのである。今後もこのサービスが公認されることはなさそうだ。

・グーグルグラスの一般普及が頓挫しているのも、プライバシーに厳しいアメリカの法律に抵触することをおそれているからだろう。もちろんロビー活動は進んでいるだろうし、アップルやグーグルといった先進企業はタイミングをみて画期的な新製品や新サービスをリリースすることで、変化を強制的に加速しようとするだろう。

・この機能のために今はAndroidを使っている。そしてどうでもいい人とのどうでもいい会話も、消さずにとっている。A1Hの視覚動画はまだ一日中というわけにはいかないけれど、外出する時は撮り続けている。そういうものが、ずっと後になって大事になるということがわかっている。30年くらい前のテレビ録画が大量にあるんだけど、一生懸命高画質で予約録画した映画より、スキップしそびれたCMの方がずっと貴重になっていたりする。



2018.04.08 |  第501回~

第504回

4月1日「ぱっと消えた」 ・なにか操作ミスをしたみたいで、2012年末以降の書き込みを全消去してしまった。折々の近況や時評、特に私生活や私感の文章はここだけに書き続けていたのだ。バックアップは取っていない。つまり僕の5年 […]

2018.04.01 |  第501回~

第503回

10月25日『ゲームのじかん』 ・ニコニコ生放送の番組『ゲームのじかん』が終わってしまったことが、木曜の夜に延々とやってたあの感覚がもう二度とないってことが、どうもまだ信じられないです。おっと、おいおい、ちょっと待ってよ […]

2012.11.03 |  第501回~

第502回

10月12日「2000年のゲーム・キッズ」 ・新刊『2000年のゲーム・キッズ(上)』 (星海社文庫)、出ました! ・すぐ目の前にあるテクノロジーを日常生活に取り入れてみる、それだけでどんなことがおきるのか、おきてしまう […]

2012.10.13 |  第501回~

第501回

9月21日「TGS2012」 ・TGS(東京ゲームショウ)。1日目はネット経由で情報を求め、2日目に現地に。しかしなんだか1日目の方が充実していたかもしれない。いい時代になったってことだね。 ・これから行く人は朝イチでモ […]

2012.09.22 |  第501回~

第500回

9月13日「『プラトニックチェーン』無断配信につきまして」 ・このツイートもとても大きな反響を頂きました。 exciteさん他各ニュースサイトにも取り扱われていましたので、ちゃんと説明しておこうと思います。 ・僕の原作に […]

2012.09.12 |  第491回~

第499回

9月12日「小説ロボット」 ・このツイートも反響があったので、補足する。というかこの件については星新一トリビュート・アンソロジー『ひとにぎりの異形』に収録いただいた「これは小説ではない」を読んでもらいたいので、まず、その […]

2012.09.12 |  第491回~

第498回

9月9日「自分の脳波をみる」 ・メルマガをやってみないかという話を立て続けに頂いて、ありがたく思っている。僕は当面やるつもりはないけど、小説以外の長い文章も読んで頂けるニーズがあるなら、どんどん書くべきだと考えた次第。取 […]

2012.09.09 |  第491回~