さよならだけが人生だ! なじみのスナックでシメの一杯

きんごま 今年1月、銀座の老舗キャバレー「白いばら」が87年の歴史に幕を下ろした。くしくも10年前、スギナミが初めて「俺の夜」で取材したお店がこの「白いばら」だった。

「『きまぐれオレンジ☆ロード』よろしく、チークタイムで意中の女子と愛を語らう」が、当時の取材テーマ。夜遊びの垢にまみれた今となっては赤面するばかりだが、昭和の遺産ともいえる同店の閉店を機に、胸に去来するのは夜遊び記者人生の記憶。「男には職場と家庭以外にもう一つの帰る家が必要だ!」を“夜討ち朝寝”の大義名分にしてきたけれど、家事だ、育児だ、保育園の送迎だと、容赦なく自由な時間が失われつつある40歳の今、睡眠時間を削ってまで盛り場に出かける体力と胆力、肝臓はあいにく持ち合わせていない。

 能書きが長くなった……。今宵をもって、スギナミは「俺の夜」を引退します。

5系統の総合点が名スナックの条件!


「記者が自腹で集めた夜遊び情報」の看板に偽りはない。が、癒着を疑われても何だしで、ガチにプライベートで通うお店はこれまで紹介してこなかった。ラストとなる今回は、記者が行きつけにしているスナックのうち、特にオススメできる名店を蔵出ししたい。

 場所は高田馬場。神田川近くの飲食ビルの地下1階にある「きんごま」というスナックだ。

きんごま

常連客のカラオケレベルは高く、その日の客層によっては、一転、のど自慢大会の様相を呈することも。女性陣も積極的に唄う

老若男女が混在する高田馬場の小宇宙


きんごま 個人的な見解だが、コンビニよりも店舗数が多いながらも定義の曖昧なスナックという業態は、大きく以下の5系統に分けられる。

 水商売歴ウン十年のヤリ手ママ(マスター)が切り盛りする「カウンター系」、お食事自慢の「小料理屋系」、ノド自慢が集う「カラオケ系」、安キャバ程度にキャストが充実した「パブ系」、客同士の趣味活動が充実した「サークル系」の5つだ。

きんごま

20年来の常連客から酒好き女子、マスターの甥っ子(!?)までが一堂に会して乾杯! ちなみに撮影は、通常営業中のリアルな様子です

 同店は「パブ系」を除いた4項目が軒並み高得点で、特に食事が……すごい。

深夜でもうまい飯が食える手作りメニューの数々


柴崎正二実マスター

柴崎正二実マスター

 生地から手作りの「自家製ピザ」。衣はサクサク、中はジュワッの「最強!アジフライ」。「もつ焼き」、「煮込みハンバーグ」から各種刺し身まで、手作り料理の逸品が並ぶ。

 サークル系も定番のゴルフコンペ、ボウリングから、釣り、麻雀、その他まで多様な種目が並ぶ。

きんごま

スナックサークルも精力的に開催。直近のボウリング大会の結果が張り出されていた

「お客さんと釣った魚はそのままお店でさばきます。最高の釣果はタイを15匹。その日のうちに平らげました」(柴崎正二実マスター)

 同じ高田馬場エリアでの移転前も含めて、マスターが「きんごま」を立ち上げたのはおよそ30年前。業界の大ベテランだけあって、スッと懐に入り込んでくる軽妙なトークと気遣いは新規客の堅いガードすらも下げる。そして、そんなマスターの人柄にほだされてか、女性客がとにかく多い。

「ママさんのお店だと、お仕事相談とかにくる同業女性が多いイメージだけど、ここはマスターだから入りやすいんです。食事がおいしくて充実しているのも、お酒好きの一般OLさんにウケるポイントかな」(常連客の千明ちゃん)

料理

揚げ物も刺し身もオーダーを受けてから調理を開始。料理を目当てに女子会で利用するお客さんも多い

 ボリュームのある手作り料理を「ちょっと食べてよ」なんて四半世紀も通う常連おじさんから分けてもらいつつ、渾身の昭和歌謡に合いの手を入れる。その陰で、隣に座った女のコに密かな恋心を抱きつつデュエットをリクエストしちゃったりして……。LINEの交換なんてヤボはいらない。だってお店に行けば会えるんだから。

 控えめにいっても楽園な「きんごま」の夜。皆さん、次は誌面ではなく、お店で逢いましょう♪

きんごま【きんごま】
住:東京都豊島区高田3-10-14 B1
電:03-3209-0412
営:19時~翌3時(金・土は翌5時まで)
休:日・祝・第2、4月曜日
料:チャージ男性1500円、女性800円(お通し付き・税込み) ドリンク、食事は500円~ 各種ボトルも用意

撮影/石川真魚 協力/猪口貴裕

スギナミ 東京都生まれ。主な出没地域は中野、高田馬場の激安スナック。特技は「すぐに折れる心」
スギナミの他の記事