都内のビーチ。六本木唯一の水着キャバで感じる“熱い夏”

Club Tahiti 盟友・スギナミが去り、40代のオッサン記者はテポドンと俺の2人となった……。

 たしかに30代の頃と違って、夜遊びのペースは半減してしまった。それは体力の衰えもあるが、やはり気力だろう。女のコのいる店での、キャストたちとの年齢のギャップはいかんともしがたく、会話もどうも手探りかつ及び腰。万が一盛り上がって、連絡先交換をしようとも、LINEの登録に手間取り、嘲笑の眼差しを向けられる。何を書いてよいかわからずスタンプ乱打はいつしか「未読」となる、負のスパイラル……。

 そうとなると花より実をとるのが中年というもの。夜遊びガイドのO氏もそんなオッサンの“弱気”を心得ている。

春なのにそこは常夏、六本木にビーチ出現


 O氏と足を運んだのは六本木・東京ミッドタウンの真ん前。「水着キャスト在籍!」と書かれた看板がオヤジ心をくすぐる。そう、万が一会話が弾まなければ、「見るだけ」でも楽しめるはずだ。

「いらっしゃいませ~!」

 20~30人も入れば満卓となろうか、程よい小箱に、水着の女のコがわんさかいるではないか!

水着娘

右からまりあちゃん、杏奈ちゃん、さりなちゃん。堂々とした立ち居振る舞いだが、最初の頃は水着姿が恥ずかしかったとも

 席に案内されると、低めのソファのちょうど目線の高さに、女のコのお尻がくる。鼻をかすめるようにして、闊歩する水着女子に自然と目尻が下がる。キョロキョロとお尻を追っていたら目の前に突如谷間が現れた。

 前かがみでご挨拶をしてくれたのは杏奈ちゃん、本人が「Eカップ」と申告する渓谷はもっと深いような気がする。

Club Tahiti

なんと21時までに入店すると、60分3980円でウィスキー、焼酎飲み放題。六本木では激安価格だろう

 続いてサンオイルのような、常夏の匂いをさせたさりなちゃん、まりあちゃんがご登場。匂いというものは、男の本能を刺激する。

「冬の間は食べちゃうからヤバイんですよね~」

 と言いつつも鍛錬を欠かさなかったであろう、そのボディは感服に値する。腹回りがユルくなったオッサンはその曲線を褒めるフリをしつつ、腰回りを凝視していると、「ぽっこりお腹かわいい!」と逆にタッチをされ、嬉しい誤算。

Club Tahiti
Club Tahiti

外はまだまだ寒いが、店内はまさに常夏。テンションと露出度が高めの女のコたちが、オジサンの頑なな心を解きほぐしてくれる

「六本木にはありそうで、実は水着キャバはウチだけなんですよ」

 実は都内でも数少ない水着キャバだが、キャバ激戦区六本木ですらここが唯一無二。さりなちゃんが言うとおり、物珍しさとリーズナブルさもあってか、近隣のサラリーマンが押し寄せる。

「昨年の9月にオープンしたばっかりだから、アットホームで自由な雰囲気なんですよ」

 と最年少のまりあちゃんは、盛り上げ役を買って出る。見事なチームワーク。そして全力の振り付けでE-girlsのナンバーを熱唱。俺ですら聞いたことのある曲(曲名は失念!)をバックに、水着が弾け飛ばんばかりのダンスを披露してくれる。店内は拍手喝采、オッサンたちも思わず拳を振り上げて歌ってしまった!

Club Tahiti【Club Tahiti】
住:東京都港区六本木7-12-3 パワーハウス六本木4F
電:03-6434-5021
営:20時~LAST
休:日・祝日
料:ワンセット8000円(60分)
お店は東京ミッドタウンの真ん前。多いときで15人の水着美女がフロアにひしめく

Club Tahiti撮影/渡辺秀之 協力/O氏(夜遊びガイド)

苫米地 某実話誌で裏風俗潜入記者として足掛け5年。新天地でヌキを封印。好きなタイプは人妻
苫米地の他の記事