赤坂の中心で「カワイイ」と叫ぶ。アイドルたちの夢に酔いしれた夜

 記者になることが僕の夢だった。紆余曲折ありながら、なんとか叶えることができた。いつしか僕の夢は、記事を書くことで「だれかの夢を応援すること」に変わった。だからこそ、毎日忙しい仕事にも耐えられる。

 大きな夢を追いかけていると言えば、アイドルだ。しかしながら、新型コロナの影響でほとんどのライブは開催自粛。活動の場が限られてしまっている。そんなアイドルたちが働くナイトカフェが赤坂にあるという。

俺の夜現役アイドルたちと生で会って話せる!

 多くのビジネスマンが集まる赤坂だが、繁華街の人通りはまばらな印象。そんななか、開店待ちする客の姿がチラホラ……。そこが目的の店「CafePerfetta」だ。扉を開けると、白い制服姿のキャストたちが目に飛び込んできた。まさに、正統派のアイドル!

俺の夜

右から、光月うらら(Twitter:@urara_happy1007)、寧子夏(同:@NENEKA_0805)、とよたかなみ(同:@ToyotaKanami

「いらっしゃいませ~」

 ここでは、ライブやグラビアなどで活動するアイドルを中心に、モデルや声優などのタレントたちが事務所公認で働いている。店長によれば、「もともとそういうコンセプトのつもりはなかったけど、アイドル数人が働き始めると、自然と口コミなどで集まってきた」という。

 通常、アイドルのライブ会場などではチェキ撮影をお願いしても1分程度しか触れ合う時間がない。しかし同店では、ゆっくりと会話を楽しめるのが魅力だ。

“理科の実験”感覚!? 名物オリジナルカクテル

 名物はオリジナルカクテル。材料は決まっておらず、キャストがその場のノリで作るという。

俺の夜

キャストが客の好みなどを聞きつつ、その場の雰囲気で材料を混ぜ合わせるオリジナルカクテル(1000円)。ウマいかどうかは運次第!?

 海好きな記者が「海っぽいので」とオーダーすると、「任せてください!」とかなみさん。シェイカーをフリフリ。そして注がれた液体に口をつける。果たしてお味は……カルピスの甘みとトニックウォーターの爽やかな苦味が絶妙にマッチ(しているような気がする)。

俺の夜「お客さんはみんな優しいので、何を作っても大体おいしいと言ってくれる(笑)」(うららさん)

 今回付き合ってくれた3人は、もともとユニットに所属していたが、現在はそれぞれソロで活動している。コロナによってイベントの中止が相次いでおり、ユニットが解散してしまう流れが増えているそうだ。

前向きに生きる姿に涙腺崩壊

 活躍の場が狭まりつつあるなかで、新たなファンづくりを兼ねて店頭に立つ。そんな話を聞けば、応援せざるをえないだろう。今後は芝居を中心に活動するというかなみさん。声優に挑戦したいという寧子夏さん。

俺の夜

コロナの影響でイベントの開催自粛が続くなか、ここではブロマイドの購入(3枚1000円)やチェキ撮影(1000円)などが可能

 そして、うららさんはコロナの自粛期間でリアルの動きができなかった分、現在は“歌ライバー”に転身したと話す。

「何も活動できなくて焦りました。ただ、そのおかげでライブ配信を始めて。新しい層にも知ってもらえている実感があります」

 酔いも手伝って、前向きに生きる姿に涙腺崩壊。僕にはシャンメリーを注文することしかできないが、みんなで乾杯した。

俺の夜 こうして彼女たちの夢を応援しているつもりだった。だが、気づいた。頑張る人を応援することで、自分自身が元気になる。

 実際、そこまでアイドル事情に詳しいわけではなかった僕。ハマる人たちの気持ちが少しは理解できた気がする一夜だった。

【Cafe Perfetta】
住:東京都港区赤坂3-7-11 レジーア赤坂3F
電:03-6879-4537
営:19時~23時30分
休:不定休
料:40分2500円(ビール・ワイン・ウイスキーなど飲み放題)、枝豆500円、タコ焼き600円、焼きそば700円など。
詳細は、ホームページでチェック!

撮影/長谷英史

マエザワ エロ本出版社出身、元ギャル男雑誌編集者。無類の外国人好き。趣味は「夜の国際交流」
マエザワの他の記事

新着記事

バックナンバー