梅ちゃん先生から高橋逮捕の街へ。今、話題の蒲田の夜に突撃してみた

6月15日にオウム真理教の逃亡犯、高橋克也の逮捕を境に、蒲田は「梅ちゃん先生」の舞台から、オウム逃亡犯逮捕の街として一躍全国区になった。だが、蒲田は隣接する川崎と比べて影が薄いからなのか、どことなく捉えどころがない。ならばどんな街なのかを知るべく、高橋が過ごした蒲田の夜を訪ねてみた。

激旨のやきとん屋で蒲田住民と飲み明かす

豚番長

 蒲田駅西口には、蒲田の代名詞であるアーケード商店街が延びており、なんとも情緒ある下町の風情が漂う。そのアーケードの左側を並行して延びる路地、線路の高架下に膨大な数の小料理屋、バーなどの飲み屋が軒を連ねている。

バーボンロード

バーボンロードの店は古くからある小料理屋から若いオーナーのバーまで幅広い

 バーボンロードと呼ばれる高架下の飲み屋街を歩いていると、ひときわ盛り上がっている店を発見。肉の焼ける匂いに釣られて入店したのが、こちらの豚番長だ。

 ぎっしりとお客さんが詰まった店内で、旨いやきとんをつまんでいると、はて?どこかで見たような気がしてならない。ふと振り向くと、お手製の高橋逮捕記念のポスターが! 高橋逮捕記念でビールをサービスした店だと気がついた。

「いやぁ~、その話は勘弁してくださいよ。でも、逮捕されて本当に嬉しかったんですよ。これで蒲田も平和になるって、お客さんもみんな思ってたの。だからサービスしちゃったんだよね」

 とは番長(店長)の談。それに釣られるように、お客さんたちが「俺、実は前日に高橋っぽい人見たんですよ」や「川崎から逃げたって聞いて、蒲田か鶴見しかないと思った」など、高橋トークと旨いやきとんで酒が進む進む。特にこの店は20~30代の元気がいい酒呑みたちが集まっているので、ざっくばらんな雰囲気がとても楽しい。ビールとハイボールをしこたま飲んで、1本100円のやきとんを食い散らかしてお値段は2430円也! こりゃ人気が出るわけだ。女性の一人客も多く、ディープなイメージの強い蒲田とは思えないオープンなお店である。

【後編】に続く⇒

【豚番長】
豚番長

串焼き中の番長。番長のトークに魅了されるお客は多い。

住:大田区西蒲田7-63-6 
電:03-3739-7058 
営:月~金16~24時、土日祝12~24時 
生ビール450円、ハイボール310円、やきとん串は全品100円。蒲田でトップクラスの人気を誇る立ち飲み店。立ち飲みワインの2号店、バル・バンチョも同じく西口で大人気営業中

【後編】に続く⇒

テポドン エロ系実話誌などで修羅場をくぐったロクデナシがSPA!流の夜遊びに突撃!
テポドンの他の記事