現役アイドルからスロット好きまでアキバの夜をとことん遊ぶ!

 博奕で勝ったあとほど、声を大にしてその勝利を伝えたい動機に駆られることはない。だがギャンブル、野球、政治というネタは、残念ながら女から嫌われる会話の上位を独占していることも事実。大勝ちしたものの、その喜びを噛みしめながら一人寂しく酒を飲んだ経験がある読者諸兄は多いはずだ。

 思う存分パチンコ&パチスロの話ができて、萌え~な女のコがいる店があると聞かされたのは、パチンコで大負けしてやけ酒を飲んでいた新宿の横町。と、いうわけでアキバに向かったのであった。

カワイイ顔して話す中身はガチプロ!

パチノフ

 店の外から見える窓ガラスには「ざわ…ざわ…」のスプレーアート、ドアノブはエヴァのハンドルと、外見からしてパチンコ好きの心を鷲づかみにされてしまった。出迎えてくれたのは、ツインエンジェルのコスプレをしたパト子ちゃんとマクロスフロンティアのコスプレをした店長のやまちゃん。オリジナルカクテルの「沼byやまちゃん」を飲みながらさっそくパチンコ談議に花が咲く。

やまちゃん「どんな台が好きなんですか?」
テポドン「カイジシリーズかな」
パト子「初代は“食えた台”でしたよねぇ~」
やまちゃん「うん。ST中の止め打ちで玉すっごい増えたし」

パチノフ

細部にまでこだわった内装からはパチンコへの愛を感じることができる。非常ベルランプに「赤保留」で目頭が熱くなった

 って、女のコのする会話じゃねぇ!とツッコミを入れたくなる。オーナーによると、こちらのお店の採用基準は“打てる”ことだとか。最近ではただの“萌え”な店ではなく、こうしたマニア心をくすぐる分野に特化したお店がアキバでは増加しているようだ。

 お店が混み始めるのはパチ屋の閉店する22時くらいから。勝って自慢をする者もいれば、負けて愚痴を漏らす者もいる。客も店員もみんなパチンコ好きということで、みんなでパチンコ談議で夜が更けていくことも珍しくないのだとか。カワイイ萌え娘と話して、なおかつ“同志”たちとパチンコ談議ができてチャージ30分300円。こりゃ、勝っても負けても、打たなくても行きたくなる店である。

【後編】に続く⇒

【パチノフ】
東京都千代田区外神田3-1-2 明治ビル1F
電:03-3525-4126
営:月~木、日17:00~23:30 金、土17:00~翌5:00
休:なし(※1月1日は休むことも)
料:チャージ30分300円、1時間につきワンドリンクのオーダーが必要

パチノフ

パチスロ台はあるが、諸般の事情で打つことはNG。もちろん「おしりペンペンタイム」もないのであしからず

テポドン エロ系実話誌などで修羅場をくぐったロクデナシがSPA!流の夜遊びに突撃!
テポドンの他の記事

新着記事

バックナンバー