熟女、花魁、制服。郊外ターミナル駅赤羽の夜遊び事情を追う!【後編】

←【前編】はコチラ

 正直、テキサスは熟女が好きではない。彼女たちとの会話は気取ることなく、例えば「電マは好き?」という唐突な下ネタ質問にも「嫌いじゃないけど、直接当てられるのは苦手かな」と笑顔で一歩先の受け答え。そんな懐の深さに癒される男も多いはずだ。

 また、最近では熟女化に加え、大宮や池袋の女のコを取り込んだキャバクラやガールズバーが乱立。他店との差別化を図るために、テーマ性を持たせたお店が多い。花魁コスプレで接客してくれるガールズバー「香」や、制服キャバクラ「Dearer」などがそれだ。

香

「寂しくていつもオナニーばかり」と、セクシーな花魁コスプレで下ネタトークを展開し、場を盛り上げる香ママ(写真左・35歳)とまいこさん(右・21歳)

 郊外+ターミナル駅という要素で、進化を遂げる赤羽。都心からは少し遠いが、さまざまな夜遊びを提供してくれる懐の深さは二度、三度と通いたくなる魅力がある。

【香】
3~4人の女のコが出勤。香さん自慢の手料理も味わえる。「場所が若干わかりにくいので、駅で連絡をもらえれば迎えに行くわ」(香ママ)
東京都北区赤羽1-50-5 サクセス大鵬II(川口ビル)1階C室
電:070-6993-7774
営:19時~ラスト
休:月曜
料:60分3000円

香【Dearer】
制服姿の女のコたちが、常時15人以上出勤するハイスクールキャバクラ。
東京都北区赤羽南1-5-9 太郎会館2階
電:03-3901-5100
営:20時~ラスト
休:無休
料:60分3000円~
http://www.nightstyle.jp/dearer/

Dearer

普段からコスプレするほどコスプレ好きな女のコたちが、元気いっぱいに接客してくれる

撮影/WATAROCK

テキサス 「女のコとの会話は最高の前戯」がモットー。趣味は年間50回ほど行くキャバクラとFX
テキサスの他の記事

新着記事

バックナンバー