「なでしこ」ここに極まれり!女のコが握る寿司のお味は?【前編】

今やなでしこJAPANの人気はうなぎ上り。「なでしこ」という言葉は世界中に轟きはじめた。実は女子サッカーには思い入れがある苫米地。03年のアテネオリンピックの大陸間予選、「なでしこ」の愛称がついたばかりの女子代表が、聖地・国立競技場でメキシコを破り、見事本戦出場を勝ち取った試合を生観戦。澤穂希選手と丸山桂里奈選手のゴールを目の当たりにしてから応援し続けている俺。だから「なでしこ」には人一倍思い入れがあるのだ! 

 悦に入りながらそんな演説をぶっていると、AKB好きのスパムが「アキバに女のコの握る寿司店があるのを知ってます?」と聞いてきた。「寿司は女が握れるもんじゃねぇんだ!」と海原雄山ばりに目を剝くテポドンを横目に詳細を聞くと、その名も「なでしこ寿司」といい、板前もホールも女性だけの寿司店らしい。サッカー同様「なでしこ」が男世界の寿司業界にも進出……インディーズバンドが苦節の末メジャーデビューし、自分から一気に離れていく時の古参ファンのような、複雑な気持ちが去来した。

イキのいいお寿司を召し上がれ♥



萌え系+握り寿司の不思議なコラボに……

 アイドルグッズ店やメイドが乱立する通りの電機店の2階にその店はあった。“萌え系”のイラスト、可愛らしいポップ、一見するとメイドカフェと変わらない。しかし、店頭に貼られた握りの写真が“独特の風情”を醸し出している……。

「いらっしゃいませ~!」。引き戸を開けると、元気な女のコの声がこだました。白木のカウンター、和風の店内は、外のカオスがウソのような落ち着きだ。

後編はこちら⇒

おまかせセットは握り11カンにデコ巻きがついて3000円。


パンダやカエル、ウサギがあるデコ巻き(600円)はお土産にするお父さんも



後編はこちら⇒

苫米地 某実話誌で裏風俗潜入記者として足掛け5年。新天地でヌキを封印。好きなタイプは人妻
苫米地の他の記事