未知なる世界の扉を開いてみる!和風SMバーで緊縛を体験

 宮沢大臣が国を束ねる重圧への憂さ晴らしとして、麻縄で束ねられ(縛られ)たくなってしまったのか否かはわからぬが、ちょっとした変態行為に興味がある男子は多いはずだ。では、話題のSMとはどんな世界なのか?

密蜜-mitsu

艶めかしい雰囲気を醸し出す小雪さんに縛られる。耳元で「痛くない」って息を吹きかけられながら、美女にガンガン縛られるのも一興

 未知なる扉を開くべく、記者が立ち寄ったのは歌舞伎町の和風SMバー「密蜜」。コワモテの女王様でなく、着物姿のしっとり美人が2人、畳の空間で記者を迎えてくれた。経営者によれば、当店の縛りは「心」がポイントなんだとか。

「縛り上げた姿がアートとして美しいとか、縛る所作がパフォーマンスとしてレベルが高いとか、そういうことだけではダメ。縛り手と受け手が、縄を介して心を通わせているかが、一番大事です」

 しかし、記者にはいまいちピンと来ない。そこで実際に縛ってもらうことにした。縛り手は、艶やかな雰囲気のSM美女・小雪さんだ。

心地よい圧迫感が全身を包んでいく

密蜜-mitsu 縛りを覚えて3年という小雪さんは、慣れた手つきで記者のムチムチの肉体に縄を這わせていく。気づけば両足はまるで佐川急便の飛脚マークの状態で、記者の体は宙に浮いていた。

 縄が肌にこすれるたびに、なんだか下半身の深いところが熱くなっていく気がする。ダメです、私は小さい子供がいるのでこれ以上は勘弁してください。そう懇願したが、小雪さんは、記者の耳元に優しく吐息をかけるだけだ。すごくソフトなのに、ものすごく意地悪。これはクセになりそうだ。

【後編】に続く⇒

【密蜜-mitsu】
東京都新宿区歌舞伎町1-4-12 ナカヨシビル4F
電:080-7997-3232
営:19時~翌1時
休:日曜日
料:男性9000円/女性2000円(フリータイム・フリードリンク、姉妹店の初心との同日利用客には割引あり)
木曜日14時~18時に、「縄あそび」を開催

テポドン エロ系実話誌などで修羅場をくぐったロクデナシがSPA!流の夜遊びに突撃!
テポドンの他の記事

新着記事

バックナンバー