第六夜 【前編】

卓球、漫画……etc 西麻布の真ん中で
シャンパン片手に童心に返る!


【担当記者:ナカソネ】

ハッピーバースデー♪と、ついに30歳になりましたナカソネです。チョリッス☆ 嗚呼、ついに俺も30代に突入かぁ……。節目の歳を迎え、ノスタルジーに浸りたい夜もあります。たまには「小学生のころ、『Oh!透明人間』を読んで性に目覚めたよねー」とか「『ファミスタ』でスローカーブ投げられる裏技知ってる?」とか語り合いたいけど、得意のブロンド美人には通用しません。そんなときは、昭和的遊びが楽しめる『西麻布レジャーセンター』で合コンを。西麻布にありながら、懐かしの漫画、ファミコン、アーケードゲーム。さらには卓球台などがあり、童心に帰れること請け合いのこのお店。剥き出しだった大人の性欲を童心で隠す、まさに隠れ家BAR!

大人の遊び場で腕白に戯れる夜

店内を見渡すと、甘酸っぱい思い出が脳裏をよぎります。駄菓子屋の奥でハイスコアを競い合った『クレイジークライマー』。上野のゲーセンで『脱衣麻雀』をしてたら、カツアゲに遭って5000円取られたり。そんな俺も、今じゃSPA!読者の中核をなす30歳になってモエ・シャンドンで乾杯。なんと、このお店、5万円の回数券(5000円券が11枚綴り)を購入すれば、一人5000円分のチケット一枚ででシャンパンもテキーラも時間無制限で飲み放題! 世界恐慌を度外視した大盤振る舞いに、美女もアゲアゲ! このまま酒池肉林の夜に突入したウィッシュ!

シャンパン片手に卓球台へ。ダーツやカラオケに飽きてしまった、ゆとり世代のギャルズたちには目新しく映ったのか、大人の”球遊び”に興味津々。カコーン、カコーン。静寂の夜に鳴り響く淫靡なラリーが続くと、ムクムクと男の本能が覚醒する。邪念を振り払うようにスマッシュすると、呆然とするギャルズ。負けた彼女たちは、罰ゲームとしてテキーラをショットでグイ飲み。熱く焼けた喉をシャンパンで潤し、セレブな夜は物凄い勢いで更けていくのでした。

⇒【後編】へ続く

yoru6_1.jpg

yoru6_2.jpg
卓球ブースでは、鹿の口から球が飛び出す卓球マシーンで練習も可能。
息があがったら酸素ボンベ(35歳以上は無料)を。

<撮影>渡辺秀之(本誌)

ナカソネ 毎晩六本木に群がる元ギャル男。電子辞書は英語とスペイン語を搭載。夢は国際結婚。世界一の美女を探す旅に出るため、第七十八夜にて俺の夜チームから脱退
ナカソネの他の記事