第四十四夜【後編】



【担当記者:テポドン】

 おじゃましたのはちょんの間壊滅後に、最も早く異業種として参入を果たしたバー「The Outsiders」である。店内はカウンターのみで、7人も座ればいっぱいになる。新宿ゴールデン街によくあるような店構えだ。店長の佐藤シンジさんに話を伺った。

「ゴールデン街をここ(黄金町)につくりたくて僕が始めたんですよ。でも、いろいろ 問題 があって店が借りられない。なんとか今の6軒ぐらいが営業している状況なんですよね」

 どうやらちょんの間復活を目指す方々や、飲食店には貸したくない横浜市(ちょんの間は飲食店として営業許可を取っていたため)などの 大人の事情 が水面下では蠢いているようだ。

 話を聞きながら一杯飲んでいると、ひっきりなしにお客さんが入ってくる。横浜には、新宿のゴールデン街のような小さな店が集まった飲み屋街があまりないため、こうしたスタイルのお店は好評。少しずつではあるが、黄金町は活気を取り戻し始めているようだ。

「黄金町はくだらない街になっちゃったんですよ。バーとか店をやりたい人とかがもっとこの街に流れてくれば、行政なんかの対応も変わっていくと思うんですけどね」

 店の開店当初は店の外にテーブルを出しただけで、警察が飛んできて注意をされたらしいが、今ではずいぶんとゆるくなったという。

 ほろ酔いで店を出て駅に向かう道すがら、先輩と気持ちよかったかどうかを総括してみた。

「残念ながら飲むだけじゃ気持よくならん。でも、ああいう店ってネエちゃんは喜ぶな。連れてってちょんの間の昔話でも語りながら口説けば、気持ちよくなるかもな」

 結論。黄金町はそれなりに気持ちよくなっていた。


yoru44_3.jpg
やや薄暗い店内は雰囲気もよく、酒が一段と旨く感じられる。
お客さんは地元の方が多く、アットホームで落ち着ける


yoru44_4.jpg
対岸から見ると、後方に京急が走り、川面には明かりが映り、風情溢れる景色が見られる。
ネエちゃんを口説くには絶景だが、後ろにはヘルスがあるので注意



yoru44_5.jpg
The Outsiders
住:神奈川県横浜市中区黄金町2-8
休:日曜
営:19:00~未明(お客様がいなくなるまで)
ドリンク・ワンショット500円~ フード・ボイルドソーセージ500円など。
川沿いにも椅子とテーブルがあり、外でも飲める
http://koganecho.sakura.tv/outsiders


取材協力/高木先輩
撮影/Toshitaka Horiba

テポドン エロ系実話誌などで修羅場をくぐったロクデナシがSPA!流の夜遊びに突撃!
テポドンの他の記事