第九十四夜【中編】



100907_yoru_02.jpg
 気を取り直し街を散策。ギャルとすれ違うたびに振り返る我々は渋谷ならずとも不審者の様相だ。

 次々と現れるナマ脚に見とれていると「監獄足踏みセラピー」なる不思議な巨大看板を発見。吸い込まれるように店内に入ると、暗がりの監獄に押し込まれ、囚人服に着替えさせられた。

「ナマ脚ばっかり見てたの? 悪いコねぇ。お仕置きよ!」 

 そう言って現れたのは太股も露わなミニスカポリス姿のRARA嬢。うつ伏せにさせられると、つま先やかかとを使って「お仕置き」ならぬ「足踏みリフレクソロジー」が始まった。ポリスにぐいぐいと踏まれると妙な恍惚感に包まれる。しまいにはもうひとりのポリス、KAREN嬢が乱入しての波状攻撃。電気あんまスレスレの技におののきつつも、上を見上げれば素晴らしすぎる光景。瞼にしっかり焼き付け、心身も軽くなった我々は再び柏の夜の街へ繰り出す。




100907_yoru_03.jpg
基本はマンツーマンコース。手錠をかけられた後は、ハンドでの足裏のマッサージ。うつ伏せにさせられた後は、ふくらはぎ、太ももなどを足のみでマッサージされる。ちなみに3Pコースはオプション。ダブルでの足踏みは”昇天モノ”の快感が……


【監獄マッサージ Leg】

100907_yoru_04.jpg
RARA嬢(左)とKAREN嬢。看守が囚人に「お仕置き」するというコンセプトのリフレ店。
コスチュームも多数揃えており、癒しと倒錯両方を味わえる


住:千葉県柏市柏2-7-21 森田屋第三ビル3F
電:04-7136-7317
営:12~24時
休:日
料:9900円(60分)~本指名料1000円






協力/O氏(夜遊びガイド) 撮影/渡辺秀之

苫米地 某実話誌で裏風俗潜入記者として足掛け5年。新天地でヌキを封印。好きなタイプは人妻
苫米地の他の記事