第百二夜【前編】

芸能人、キャバ嬢、外国人美女……。

六本木の女たちと贅沢な夜を過ごす!


 30代になったらゴールドカードのひとつぐらいないとモテない、と取得。調子に乗って、キャバクラ遊びをしたら、年会費すら払えなくなって退会したテキサスです。

 でも、年会費のかからないテキサスの”メインバンク”でキャッシング。日頃の憂さは、派手に遊んで忘れるしかない! ということで、今回はスペシャル版ということでバブリーな六本木を探訪。最新の夜遊びスポットを求め、夜の街へと繰り出してみた。


現役アイドルたちが歌を披露してくれる店

 まず最初に向かったのはタレントカフェ「G‐RAVURE」。ここは有名芸能事務所が運営しており、若手グラビアアイドルや女優の卵が接客してくれる店だ。次原かなや杉原杏璃、小泉麻耶ら現役のグラドルも在籍している。

「お酒を作るの下手なんですけど……」と、申し訳なさそうに話すのはLカップの爆乳を持つ伊藤杏奈ちゃん(23歳)。仕事の関係で、月に数回しか出勤できず、あまり接客馴れしてないのだとか。

 女のコを対面に座らせるか隣に座らせるかを選べるシステムなのだが、胸の谷間を楽しむため、あえて対面をセレクト。グラドルのLカップを堪能させてもらった。

 さらに、席に着いたのはグラドルの市村詩織ちゃん(19歳)と女優の白石唯菜ちゃん(25歳)。
「私たち『ミルキー☆ピンキー』ってユニットを組んでるんです。今度、ライブに来てくださいよ」
 まだ耳にしたことのない名前だが、夢を追う女のコというのは素敵なもの。「とりあえず歌ってみなよ」と秋元康P気取りで、歌を聞くことに。同店では、カラオケチケットを5枚綴り1000円で販売。現役アイドルが1曲200円で歌ってくれるなら、安いものだ。

 しかも、笑顔を振りまきながら、真剣に歌ってくれる。オタ芸を知っていれば、もっと盛り上がれるんだろうなと思いつつ、頑張る彼女たちを応援したくなってきた。

 そこで「ライブに行くから連絡先を教えてよ」と言うと、プライベートな情報は教えられないとのこと。そこは、やはりタレント。キャバ嬢のようにはいかないようだ。


101116_yoru_01.jpg

ライブ直前の「ミルキー☆ピンキー」が歌を披露してくれた


101116_yoru_02.jpg

店内には在籍しているタレントのDVDやポスターが貼られている。


【タレントカフェ「G-RAVURE」】

101116_yoru_03.jpg

現役のタレントが平均10人前後も出勤。定期的に所属タレントの撮影会なども開かれている。
住:東京都港区六本木4-12-12三江ビルB1
電:03-5771-4448
営:18~24時
料:60分/5000円でハウスボトルやソフトドリンクが飲み放題





撮影/西田 航

テキサス 「女のコとの会話は最高の前戯」がモットー。趣味は年間50回ほど行くキャバクラとFX
テキサスの他の記事