ホーガンとMTVとシンディ・ローパー――フミ斎藤のプロレス講座別冊 WWEヒストリー第35回

「フミ斎藤のプロレス講座別冊」月~金更新 WWEヒストリー第35回


 ビンス・マクマホンは、WWEがターゲットとする観客層とMTVの視聴者層を“共通分母”ととらえた。

ホーガンとMTVとシンディ・ローパー

ハルク・ホーガンとMTVとシンディ・ローパーのコラボレーションに、アメリカじゅうのマスメディアは“プロレス・ブーム”の気配を感じとった。(写真は米専門誌「インサイド・レスリング」1985年8月号表紙)

 キーパーソンは、人気女性ロック・シンガーのシンディ・ローパーだった。ローパーは国内線飛行機でたまたまとなりに座ったWWEの悪党マネジャー、ルー・アルバーノとの約2時間の会話を「ひじょうにインスパイアされた時間」(ローパー談)と感じた。

 アルバーノはローパーがどのくらいビッグなロックスターであるかをまったく知らなかったし、もちろん、ローパーもアルバーノのことを知らなかった。ローパーは、1950年代から30年以上にわたりマディソン・スクウェア・ガーデンの舞台に立ちつづけているというアルバーノの昔ばなしに耳を傾けた。

 ニューヨークのプロレスファンにとって月にいちどのガーデン定期戦は“生活習慣”のようなものだが、ポップ・ミュージックの世界には、ガーデンで毎月コンサートを開き、1年を通じてコンスタントに約2万人の大観衆を動員できるアーティストなんて存在しないし、またそういう発想もなかった。ローパーは、プロレスの文化的価値と肌の色や宗教を超えた大衆性、そして、そのタイムレスな人気にショックを受けたとされる。

 ローパーとアルバーノはおたがいの電話番号を交換して飛行機を降りた。それから数カ月後、アルバーノは大ヒット・シングルとなったローパーの“ガールズ・ジャスト・ワナ・ハブ・ファン”のミュージック・ビデオにローパーの父親役でゲスト出演した。

 ビンスは、アルバーノとローパーのコネクションを逃がさなかった。WWEのテレビ番組に特別ゲストとして登場したローパーは、ロディ・パイパーのトーク・コーナー“パイパーズ・ピット”でパイパー、アルバーノと大ゲンカを演じた。これが“予告編”だった。

 ローパーは「プロレスで決着をつける」と宣言し、アルバーノもこれに応じた。もちろん、ローパーとアルバーノが闘うわけではなくて、ローパーが“友人”ウェンディ・リヒターを連れてきて、アルバーノがマネジメントする“女帝”ファビュラス・ムーラに挑戦するという設定が用意された。

 イベント名は“ブロール・トゥー・セトル・イット・オール”。ロケーションはもちろん、ローパーとアルバーノの“因縁ドラマ”の背景をつくったマディソン・スクウェア・ガーデンだった。MTVがこのイベントを1時間ワクの特番として全米生中継でオンエアした(1984年7月23日)。

 1時間番組はハルク・ホーガン対グレッグ・バレンタインのWWE世界ヘビー級選手権、バトルロイヤル(アントニオ猪木が優勝)、ムーラ対リヒターのWWE世界女子選手権の全3試合というラインナップになっていた。MTVにチャンネルを合わせた視聴者は、ローパーよりも先にホーガンのプロモーション映像をたっぷりと目にすることになった。これがビンスのそもそもの計画だった。

 ローパーがリヒターのセコンド、アルバーノがムーラのセコンドについたWWE世界女子選手権は特番のメインイベントにレイアウトされていた。MTVのカメラはリングサイドのローパーとアルバーノの動きを追いつづけた。

 リヒターがムーラを倒してタイトル奪取に成功した。ガーデン定期戦の常連層にとってはそれはなんでもない試合だったが、マスメディアはWWEとMTVのジョイント企画に“プロレス・ブーム”の気配を感じとった。特番はケーブルTVとしては驚異的な9パーセントの視聴率をはじき出した。

 試合が終了した瞬間、ホーガンがリングに上がり、ローパーとリヒターのふたりと抱き合った。リヒターは手に入れたばかりのWWE世界女子王座のベルトを腰に巻き、ホーガンもWWE世界ヘビー級王座のベルトを手に持っていた。

 番組エンディングは、この3人のスリーショット。テレビの画面のなかでだれよりも目立っていたのはホーガンだった。(つづく)

斎藤文彦

斎藤文彦

※この連載は月~金で毎日更新されます

文/斎藤文彦 イラスト/おはつ

※斎藤文彦さんへの質問メールは、こちら(https://nikkan-spa.jp/inquiry)に! 件名に「フミ斎藤のプロレス講座」と書いたうえで、お送りください。

この特集の記事一覧

橋本マナミ&峰なゆか。セクシー美女の渇きを潤す理想の男とビールとは?

橋本マナミ&峰なゆか。セクシー美女の渇きを潤す理想の男とビールとは?
sponsored
◆別れた男と再会したとき「やっぱり忘れられない……」と言われるとグッとくる(橋本マナミ) 「私は基本的に年上の男性が好きなんです。40代、50代の男性…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(21)
メンズファッションバイヤーMB
「ユニクロU」の絶対に買うべきベスト3を発表【発売前レビュー】
山田ゴメス
「紅音ほたる急逝」から真剣に考える、AV女優はなぜ短命なケースが多いのか?
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
“レッスルマニア11”の主役はだれだ?――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第185回(1995年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
もう、アリンコになってしまいたい――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
「婚活宣言」したら44歳オヤジのモテ度が100倍になった!プロギャンブラー直伝“婚勝”シリーズ第4弾
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中