女子にモテないクルマはどっちだ?「シビックタイプR vs アルトワークス」

『頭文字D』、『よろしくメカドック』などマンガの世界の走り屋は、オタクグルマに乗っていても美女にモテモテだったりするわけですが、実際そんなクルマに乗っているとモテないと信じられております。そんななか、現代を代表する走り屋が好みそうな2台が集結!モテないカーの烙印を押されたのは、果たしてどちらでしょうか?

CIVIC TYPE R VS ALTO WORKSMJブロンディ=文 Text by Shimizu Souichi
池之平昌信=写真 Photographs by Ikenohira Masanobu

予想は五分五分。女子にモテないカーの烙印を押されたのはどっちだ?


 パンパカパーン! 全日本モテないカー選手権開催~!

 モテないカーとは、文字どおり女性にモテない(だろうと推測される)クルマのこと。特徴としては、「貧乏臭い」、「オタク臭い」、「走り屋臭い」。この3点が挙げられます!

 それぞれ、くたびれた外観や車内がゴミ屋敷、あるいは改造といった“使用感”にかなり左右されますが、新車の場合、そのクルマの持って生まれた素質で決まります。

 今、もっともモテない分野と言われているのが、いわゆる「国産ボーイズレーサー」。小型の走り屋っぽい国産車が、「童貞感が高い」ということで、もっとも嫌われると信じられております!

 そして、その分野でもっとも注目を集めているのがシビックタイプRです。その戦闘的なルックスはまるでラッセル車。大きく尖ったフロントエアダムは、路面のゴミをすくいあげながら走るようにも見えます!

 さらにイタいのは巨大なリヤウイングです。マジンガーZやエヴァンゲリオンを思わせるその形状は、まさに「ザ・オタク」。モテないカー選手権チャンピオンの有力候補であります!

⇒【画像】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1064650

ニュル最速のFF車は伊達じゃねー!って、ニュルって何?女子は興味ないから!!

ニュル最速のFF車は伊達じゃねー!って、ニュルって何?女子は興味ないから!!

 このシビックタイプR、ドイツのニュルブルクリンク北コースにて、市販FF車として世界最速タイムを叩き出した超絶なる性能を誇ります。販売された限定750台は10倍の競争率となり、抽選ですでに完売というマニア垂涎のクルマではありますが、それとモテとは無関係と推測されます!

 一方、その対抗馬と目されているのがアルトワークスです。バブル期、軽最速マシンとして登場したアルトワークスが、約15年ぶりの復活を果たしたのは、アベノミクスの景気回復効果でしょうか? スズキ開発陣の血の滲むような軽量化への努力の甲斐あって、小さいナリしてメチャクチャ速くて楽しいです。さすがにニュル最速のシビックタイプRよりはだいぶ遅いですが、安い税金で思う存分走りを楽しめるということで、かつて走り屋を気取った中高年に人気となっております!

⇒【画像】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1064655

S660より160㎏も軽いボディは最高だぜ!

S660より160㎏も軽いボディは最高だぜ!そんなこと言ってるからモテないのよ!!

 つーかシビックタイプRを買ってるのもほとんど中高年。どっちにせよ、本人がモテないことは確定済みではありますが、それに愛車のモテない度が拍車をかけるという涙の構図であります!

 予想は五分五分。シビックタイプRは走り屋っぽさとオタク感で上回り、アルトワークスは軽の走り屋という貧乏感が強みです。投票は、編集部に出入りの24歳から34歳までの女性10人を無作為に選出して行いました。果たして結果は!?

アルトワークス 10票

シビックタイプR 0票

 なんとアルトワークスの完全試合! 10人中10人が、モテないカー選手権初代チャンピオンとして、アルトワークスを選出しました!

「軽は生活感がある」(24歳)

「軽はドキドキしない」(25歳)

「ナンバーが黄色だから」(27歳)

「そもそも軽自動車だから」(28歳)

「軽自動車なのにちょっと頑張っている感じがイヤ」(29歳)

「軽自動車はカッコいい人が乗ってなさそう」(30歳)

「見た目からしてモテなさそうな人が乗ってそう」(31歳)

「軽だから」(34歳)

「イケメンは軽自動車に乗らないと思う」(34歳)

 結局、アルトワークスとは無関係に、「軽がイヤ」という答えが大半を占めました。逆にシビックタイプRに対しては、意外にも「肉食っぽくてカッコいい」という声もありました!

 どうやら「走り屋臭いのはモテない」というのは、我ら中高年の思い込みで、現在の30代前半までの女性は、そもそも走り屋自体を知らないため、リヤウイングがイヤという感覚もないようです! リヤウイングを嫌うのはアラフォーまでだったんですね。大変勉強になりました! アルトワークスの活躍を心から祈ります!

【結論】
若い女性は走り屋を知らないため、走り屋っぽいクルマに対する嫌悪感もない。これは中高年にとって朗報! カネ持ってる中高年のご同輩諸君、今こそ走り屋グルマを買ってブイブイ言わせようじゃありませんか!

肉体改造やジェンダーレスな美しさよりも30~40代には大事な血管年齢の話

肉体改造やジェンダーレスな美しさよりも30~40代には大事な血管年齢の話
sponsored
 例えば、テレビ番組などで昭和の映像を見たりすると、最近の人は(特に若者は)、ずいぶん洗練されたなあと思ったりしないだろうか? 「人は見た目が9割」と…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(12)
メンズファッションバイヤーMB
「クールビズ」がダサく見えるのはなぜ?
山田ゴメス
妊婦でAV出演を決めた、貧困シングルマザーの事情
オヤ充のススメ/木村和久
人生は決して諦めないこと…映画『トランボ』に学ぶ
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ホーガンがWWEと“絶縁”した日——フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第140回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「俺と二人で旅がしたいの?」——46歳のバツイチおじさんは男前すぎるセリフを真顔で言い放った
原田まりる
ファミレスで隣の席の会話に聞き耳を立てていたら、大喜利を観覧したような気分になった話
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
「なんで飲食業でモデルみたいな恰好してるんだ?」ロスの税関で4時間尋問を受けて感じたこと
大川弘一の「俺から目線」
俺の問題にはなるな——連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
「ポケモンGO」を配信前の日本でプレイしてみたよ 秋葉原でポケモンゲットだぜ!
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
吉川晃司もやっていた“東京五輪最強の穴場”競技とは?
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中