カーライフ

“平均年収”約25万円。昭和30年代の日本のようなウズベキスタンでスポーツカーがモテない理由

 読者諸兄にはまったくどうでもいいであろう、ウズベキスタンの交通事情第3弾。最終回である今回は、「ウズベキスタンではどんなクルマがモテるのか!?」をお送りします! さらにどうでもいいネ!!

旧ソビエト連邦のウズベキスタンと日本の国交は1992年に樹立されました!

 ウズベキスタンの平均年収は25万円くらい。都市部でも60万円くらい。日本の昭和30年代というところでしょうか。

 で、ウズベキスタンでは、95%くらいのクルマが、現地工場のあるGMウズベキスタン製のシボレーブランド車です。車名を書いてもカーマニアである私ですらピンと来ないんだけど、日本で言えばこのようなラインナップだ。

ダマス(スズキの開発)=エブリィ(軽ワンボックス)
マチス/スパーク(韓国GM開発の“軽車”)≒ムーブ(軽)
ネクシア≒カローラその1
コバルト≒カローラその2
ラセッティ≒カローラその3


首都タシケントの街角にはズラリとシボレー車が並ぶ

 この上にマークX相当とハリアー相当もあるが、そっちは年収の10倍以上って感じなのでほぼスーパーカー。100万円台で買えるカローラクラス(ほぼマニュアル車。オートマはゼイタク)がウズベキスタンのシティボーイの憧れで、長い納車待ちを乗り越えて、無理してでも買っている。

 で、モテるのはどのクルマか?

「みんなシボレーに乗ってるので、車種による差はないですね」(現地ガイド・アリ氏)

 アリ氏の愛車もコバルト。クルマが手に入ればそれでOKのようです。それでも憧れのクルマはあるのでは?

「憧れはメルセデスとレクサス。あとはランドクルーザーです。結婚式の時、レンタカーで乗るのが夢です」

 ウズベキスタンの結婚式は人生の晴れ舞台。パレードでは新郎新婦がメルセデスSクラス、その後ろにレクサスLSとランクルを随伴させるのがシティボーイ/ガールの究極の憧れだ。ほぼソレ専用のレンタカー屋もあった。

次のページ 
スポーツカーへの憧れは……?

1
2





おすすめ記事