アカデミー賞受賞『マネー・ショート』で相場を学ぶ【コラムニスト木村和久】

― 木村和久の「オヤ充のススメ」その110 ―

 2016年度のアカデミー賞は、盛り上がったのか、地味だったのかよくわからない状況でした。レオナルド・ディカプリオの主演男優賞が最大のニュースかもしれませんが、何度もノミネートされて、ようやくオスカーをゲット。貢献賞的な意味合いもあるんでしょうか。ほか一番オスカーを取った作品が「マッドマックス怒りのデス・ロード」(6部門受賞)ですからね。面白いと思いますが、シリーズ的な匂いがしますので、新鮮さに欠けます。そんなわけで、まとまりのないアカデミー賞ついでに、渋くていぶし銀の輝きを放つ作品を、紹介したいと思います。

アカデミー賞受賞『マネー・ショート』で相場を学ぶ【コラムニスト木村和久】 一応通好みの「脚色賞」を受賞した作品で、タイトルは「マネー・ショート 華麗なる大逆転」といいます。しっかりブラッド・ピットも出ているのに、余り知られていない。けどウォール街では、伝説的なお話です。

 タイトルの「マネー・ショート 華麗なる大逆転」は日本のタイトルです。原題は「ビッグ・ショート」といいます。いずれにせよ「ショート」という言葉が鍵となります。ショートは、株取引の世界では「空売り」のことを指します。最初に株を借りて売って、値段が下がったら買い戻す取引を、空売りというのですが、大暴落時に凄い威力を発揮します。1920年代の世界恐慌でも、空売りで儲けた輩がおりましたから。

 というわけで、この「マネー・ショート」は、2008年のリーマンショックの時に、低所得者向けの住宅ローンが暴落するのを、いち早く察知し、空売りを仕掛けた男達の、実話に基づいたお話です。映画は専門用語が飛び交い、理解できないところもありますが、それにも増して、「ダムの崩壊も一滴の水から」というような、ほころびが見えて来て、磐石に見えた住宅ローンが、砂上の楼閣のように崩れ去っていく様は圧巻です。

 アメリカの株取引の映画といえば「ウォール街」(1987年。オリバー・ストーン監督、マイケル・ダグラスはアカデミー主演男優賞)が傑作として名高いですが、この作品も脚色賞を受賞しただけあって、なかなか見ごたえがあります。

 ここからは現実の空売りの話です。我々株取引をやっている者たちから見れば、空売りで成功する人は上級者であり、普通の人は滅多にやりません。それはなぜかと言うと、あまりにもリスクが高いからです。つまり空売りは、青天井といわれて、負けたら際限がないのです。仮に100万円の株に空売りを仕掛けたとしましょう。最初に100万円で、見事株が売れた。じゃ値段が下がったら、買い戻せばいい。しかし期待と裏腹に、その銘柄はどんどん上がって行った。株価は上がったら、ストップ高を繰り返して、際限なく上がります。100万円が、1000万円になることも、理論的にはあります。だから空売りは怖いのです。これが安くなって買う通常のやり方で、100万円の株を買ったとしましょう。上がれば丸儲けだし、損をしても、100万円以上は損をしません。通常の売買は、ゼロになれば終りだからです。

 そういえば、アベノミクスが開始された、今から約3年弱前。日銀の金融緩和で、日経平均先物が、大噴火した時があります。その時、たまたま日経平均先物で、「買い」で持ってましたが噴火してすぐ売ってしまった。それでも、日経平均先物は急上昇をしている。でも幾らなんでも上がり過ぎだろうと思って、「空売り」仕掛けました。ところがである。私の予想をはるかに超えて、日経平均先物指数は上昇していく。指数が上がっているのに、負けがこんで行くのって、精神的に辛いですよ。結局、何十万円か損して許してもらいましたけどね。

 空売りはほかに、株を借りて先に売るので、その貸し株料もバカにならないし、空売りは人気がでると、「逆日歩」という、わけのわからない手数料みたいなものを、毎日徴収するし、しまいには「売り禁」という、空売り禁止まで出るから困ったものです。

木村和久

木村和久

 映画の話に戻ります。空売りを仕掛けた証券関係者達は、根拠も理論も正しいのに、何故住宅ローンの相場が暴落しないか、冷や汗垂らしながら見守ります。住宅ローンの相場は下がるどころか、逆に上がっている。空売りだから、相場が上がったら、損をするわけです。やはり住宅ローンが崩壊するというのは、机上の空論だったのか。そんな追いつめられていく状況で、ふと、何かが動いたのです。

 あとは映画館で確認しましょう。ちなみに「マネー・ショート」は、3月初旬公開で、現在上映中です。

■木村和久(きむらかずひさ)■
トレンドを読み解くコラムニストとして数々のベストセラーを上梓。ゴルフやキャバクラにも通じる、大人の遊び人。現在は日本株を中心としたデイトレードにも挑戦

孤独死した60代女性、“お一人様”の最期は認知症でゴミ屋敷に…

孤独死
 玄関の扉を開けると、部屋にはうずたかく廃棄物が積まれたゴミ屋敷の光景が広がっていた。独身で認知症を患っていた60代女性の「孤独死」の現場だ。  核家…

40代「逃げ恥おっさん」が気持ち悪い…ガッキーかわいいを連呼、星野源に嫉妬、正確な記述を競い合う

「逃げるは恥だが役に立つ」(逃げ恥)エンディング 恋ダンス
 現在放送中のドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)がいまネットを中心に話題になっている。  物語は、星野源演じる会社員の津崎平匡の家に新垣結衣…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(31)
メンズファッションバイヤーMB
オーダーシャツが4980円でつくれる激安時代、プロも驚く採寸システムとは?
山田ゴメス
女子の間で秘かに流行りつつある「朝セックス」ブームは、男にとっても好都合なワケ
オヤ充のススメ/木村和久
竹原ピストルがオヤジのハートを鷲掴みする理由
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ブレット対ストーンコールド=序章――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第235回(1996年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「今夜、君に恋に落ちてしまいそうだぜ」――46歳のバツイチおじさんはクサすぎるセリフをさらりと口走った
原田まりる
芸の細かさが目立った2016年地味ハロウィン
大川弘一の「俺から目線」
平穏を望む銀座ホステス・美琴――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
一流芸能人GACKTのギャンブルセンスをプロギャンブラーが採点
爪切男のタクシー×ハンター
チンコのような温かさで私を強くきつく抱きしめて
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
希望の星は16歳のJK! ジャッジ次第で天国と地獄[五輪最恐の採点競技]とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルはいつでも迷っているんです「集客ができない! フォロワーが少ない! 肩書きがない…」
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「ね~え、一緒にお風呂入ろう?」リーマンショックで落ちぶれたおじさんの哀号
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中