タイで“国民的人気を誇る日本人”前田真夢の軌跡――ロリータファッションを世界に

 日本ではなく、海外で活躍する日本人がいる。栃木県で生まれ、現在はタイで国民的な人気を誇る前田真夢(まえだ・まむ)さんもその一人。

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1099301

前田真夢 タイのテレビ番組や映画、亀田製菓「Okome」などのCMに出演するほか、タイの女性ファッション誌「Ray Thailand」のモデルコンテストで準優勝したのがきっかけで、専属モデルとしても活動する。それだけでなく、姉でデザイナーの翼さんとともにバンコクでロリータ・ファッションの店「ChuChu(チュチュ)」を経営する美人姉妹だ。真夢さんはデザイン考案から販売まで行いながら、ブランドのモデルとしても活躍する。

前田真夢「ChuChu」の店舗は、伊勢丹などの大型デパートや巨大な市場が集まるバンコク随一のショッピングエリアにある。その中でも衣料品店がぎっしりつまった、若いタイ人で賑わうメッカ「Platinum Fashion Mall」(プラトゥーナーム)に店をオープンさせた。「プラトゥーナーム」は安く大量に服が買えるという理由で、タイでは一番のお気に入りショッピングスポットだという。店の場所を決めるときも、家賃の高さに戸惑いながらも、たまたま空いている場所があったことから思い切って契約した。

 しかし、若者ファッションの聖地だけあって家賃が高く、売上げの大半が家賃に消えてしまうこともあり、現在はネットショップを立ち上げて販売している。チュチュで固定客はしっかり掴んでいたようで、経営はすぐ順調に回り始め、ドイツやスウェーデンから大口の注文も入るようになったようだ。

前田真夢 きっかけは、真夢さんが幼い頃からお姫様のようなファッションやコスプレが好きだったこと。両親の仕事の関係で、中学生からタイに住んでいるが、バンコクのコスプレのイベントにも参加していたという。日本では「コミックマーケット」などの大型イベントが人気だが、それはタイも例外ではない。バンコクの「世界コスプレサミット予選会」では広場に多数のコスプレイヤーが集結したほか、今ではチェンマイなど各地でもイベントが開催されるほどの賑わいだ。主役はもちろん、日本のアニメキャラである。

前田真夢 こうしたタイ国内で開催されるイベントなどへの出店も行っている。真夢さんが先にバンコクに住んでいた頃、姉の翼さんはニューヨークで服飾を学んでおり現在はタイに。二人で何か仕事をしようと話し合い、当時まだタイになかったロリータ・ファッションを広めようと決断。こうして店をオープンさせた。

前田真夢 決め手になったのは、サイアムやセントラルワールドでのコスプレのイベントで、コスプレをするタイ人の衣装が中々手に入らないので、日本から通販で買い取っている状況を見てのこと。コスプレのみならず、日本で普通に売られているかわいい服もタイでは手に入らない状況にあった。日本から同じものを仕入れするだけではなく、タイでも涼しく着られるような、カジュアルなロリータファッションを提案。図面だけでなく、生地や装飾品まで自分たちで用意した結果、タイ独自のファッションが人気を呼び、国外からの注文もあるのだとか。

 オリジナルのデザインは2人で考案。真夢さんがテイストを熟知しているので、翼さんにアドバイスし、それを形にしていく。「ロリータ」は日本式かわいいがつまった格好で、タイにはないデザイン。タイで一見ふりふりのデザインを見つけたとしても、襟の形、ウエストのしぼり具合、レースの量など総合的に何か物足りない。工場に受注する際には、あまりの複雑さに工場の人に「できない」と言われたことも。生地の色を勝手に変えられたり、ペラペラしたものができ上がってきたりと苦労は多いという。

前田真夢 観光客にもよく知られている場所だけに、客はタイ人のみならず欧米人やインド人と世界中の人が訪れる。ロリータ系ファッションは欧米ではすでに知られていて、特に、ヨーロッパの人が好んで買っていくことが多い一方で、通りすがりのタイ人が、ちょっと試しにと軽い気持ちで試着したところ、今まで味わったことのないお姫様気分になり、そのまま購入ということも。

前田真夢 コスプレから日本のカワイイファッションへ。日本語の「かわいい」は、タイではすっかりタイ語の一部となっており、タイにかぎらず、世界でもこの流れはひとつの潮流になっている。いま、世界でもっとも開催されている日本文化が主役のイベントは、間違いなくコスプレだろう。コスプレという日本の文化は、日本人の想像以上に世界を惹きつけてやまないのだ。

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1099319

<取材・文/北村篤裕 撮影/難波雄史>

新感覚の氷点下ハイボール「ブラックニッカハイボール(350ml)6缶セット」を抽選で10名様にプレゼント

NIKKA
sponsored
「フリージングハイボール」とは、 クセのないクリアな飲み心地のブラックニッカ樽詰めハイボールを使いアサヒビールが独自に開発した氷点下(-2℃~0℃)抽…

合コンで「痛い男」認定される言動――初対面で年齢や容姿をいじる、勝手な判断やアドバイスをしがち…

合コンで「痛い」認定される男の発言には特徴がある
 飲み会や合コンでは、日夜「痛い発言」が飛び交っている。どんな発言が痛いと思われてしまうのか。ツイッターで男性の勘違いや女心の機微をつぶやいて多くのR…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(32)
メンズファッションバイヤーMB
「冬のセール」で“格安良品な服”を手にいれる3つの方法
山田ゴメス
女子の間で秘かに流行りつつある「朝セックス」ブームは、男にとっても好都合なワケ
オヤ充のススメ/木村和久
“デリヘル先生”だけじゃない、最近の風俗トラブル&摘発に異変あり!?
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ストーンコールド“ロイヤルランブル”初優勝――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第240回(1997年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「今夜、君に恋に落ちてしまいそうだぜ」――46歳のバツイチおじさんはクサすぎるセリフをさらりと口走った
原田まりる
芸の細かさが目立った2016年地味ハロウィン
大川弘一の「俺から目線」
3000円のハンバーガー――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
カップル成立数は100組超!「巨大シェアハウスなら女性と出会わないほうが難しい」
爪切男のタクシー×ハンター
風俗店で一回の射精と一回の恋をして気づく「人を好きになるのに理由なんていらない」
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
希望の星は16歳のJK! ジャッジ次第で天国と地獄[五輪最恐の採点競技]とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルはいつでも迷っているんです「集客ができない! フォロワーが少ない! 肩書きがない…」
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「ね~え、一緒にお風呂入ろう?」リーマンショックで落ちぶれたおじさんの哀号
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中