ドラマ「重版出来!」を毎週熱心に観てしまう理由【コラムニスト木村和久】

― 木村和久の「オヤ充のススメ」その119 ―

 ドラマ「重版出来!」(じゅうはんしゅったい・TBS・火曜10時)が、4月から始まり、また出版業界の身内ネタかよ~と思ってたら、これが意外や、凄く面白い。しかも、現在の日本の出版界の抱える問題点を浮き彫りにして、かなり見ごたえある構成になっている。

写真=そらとりく / PIXTA

 原作は小学館の「月刊!スピリッツ」で連載中の松田奈緒子さんの作品、それをベースに、ドラマ化している。でもスピリッツ系は、過去に「編集王」(原作・土田世紀)という、漫画編集部の内部を描いた傑作があり、ちょっと似てないか心配していた。

 ところが、蓋を開けたらびっくり仰天。「編集王」から20年以上経ち、その間、出版業界を取り巻く状況が、目まぐるしく変わってしまった。あまりのリアルさに、冷や汗たら~り、涙がちょちょぎれてくる。なにしろ友達の漫画家に「重版出来、観てるか~」と、聞いたら、「あまりにもリアル過ぎて、辛くて見れなかった」と言ってた。

 この辛い話は、青年漫画誌が休刊してしまうくだりだ。トップが決めて、役員がどや顔で(これも誰かに似過ぎて、笑えませんけど)、謝罪になってない謝罪をし、編集部員は翻弄されて、漫画家の信頼を失ってしまうというお話。今、日本の雑誌は、休刊が多くて、ほんと身につまされます。

 ドラマの進行は、青年コミック誌「週刊バイブス」に配属された新人女性編集者、黒沢心の奮戦記になっているが、その役を黒木華さんが演じ、もろビンゴ!って感じだ。元々は有村架純にする案もあったらしいが、有村架純じゃ、美人過ぎて嘘臭いし、例えそうなら、仕事なんて熱が入らず、男性陣は口説きまくりだろう。過去に美人編集者を口説いて、結婚した漫画家もいるので、あながち嘘とは言えないですけどね。でも今回の編集者と漫画家が、ともに考え、アイデアを出しながら作品を生み出す話ならば、黒木華さんのキャスティングは絶妙と言える。

火曜ドラマ『重版出来!』TBSテレビHPより

火曜ドラマ『重版出来!』TBSテレビHPより

次ページあるあるネタのオンパレード

重版出来!

マンガに関わる人々の超骨太人間ドラマ

橋本マナミ&峰なゆか。セクシー美女の渇きを潤す理想の男とビールとは?

橋本マナミ&峰なゆか。セクシー美女の渇きを潤す理想の男とビールとは?
sponsored
◆別れた男と再会したとき「やっぱり忘れられない……」と言われるとグッとくる(橋本マナミ) 「私は基本的に年上の男性が好きなんです。40代、50代の男性…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(21)
メンズファッションバイヤーMB
「ユニクロU」の絶対に買うべきベスト3を発表【発売前レビュー】
山田ゴメス
「紅音ほたる急逝」から真剣に考える、AV女優はなぜ短命なケースが多いのか?
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
“レッスルマニア11”の主役はだれだ?――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第185回(1995年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
もう、アリンコになってしまいたい――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
「婚活宣言」したら44歳オヤジのモテ度が100倍になった!プロギャンブラー直伝“婚勝”シリーズ第4弾
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中