香山リカが「沖縄差別」を考えるため高江に向かった【前編】

 沖縄の高江に行ってきた。

 高江では、米軍ヘリパッド建設が進められておりそれに対して住民が抗議活動を続けていて、ケガ人や逮捕者も出ている。

 こう聞いて、「あー、また沖縄でなんか騒いでるやつね」と思ったあなたは、それだけで「沖縄はほかと違うから」と沖縄を特別視していることになる。わかりやすく言えば、それは「沖縄への差別」ということだ。

 いきなり「あなたは沖縄を差別している!」と言われて気分を害した人には申し訳なく思うが、実は私も以前は心の中に「沖縄は別」という気持ちがなかったわけではない、と正直に言っておこう。だから、以下のことも前から自然にそう感じていたわけではなく、頭で考えて時間をかけて自分に言い聞かせものだ。

「あーまた沖縄か」とつい思ってしまったあなたと私に、そんなにかわりはない。

 私たちが忘れがちなこと。もちろん、沖縄には日本のほかの地域とは異なる歴史がある。明治政府による1879年(明治12)前後の「琉球処分」で「沖縄県」となるまで、沖縄は「琉球王国」という王制の国だった。その後、急速に植民地化された沖縄は太平洋戦争では日本で唯一の地上戦の場となり、県民の4人にひとりが犠牲になったといわれる。そして、終戦後はアメリカの統治下に置かれ、1972年にようやく日本復帰を遂げて再び「沖縄県」となった。

 とはいえ、言うまでもないが「沖縄県」は現在は「石川県」や「神奈川県」などと同じ日本の47都道府県のひとつだ。それなのに、なぜいまだに「まあ、沖縄は別だから」などと言われ続けなければならないのか。米軍基地への激しい抗議運動を横目で見ながら、なぜ私たちもつい「あーまた沖縄か」と見過ごしてしまうのか。それは、まぎれもなく沖縄が日本の「差別の構造」の中に置かれているからだろう。

 私は、その「差別の構造」を実際に見て、実感するために高江に行った。これまで米軍基地の問題など沖縄が直面する数々の社会問題にかかわってきたわけではない。ただ、沖縄を特別視する視線は私にもないとはいえず、ずっとモヤモヤしていた。それをなんとかしたくて、高江に出かけたのだ。仕事は何にも関係していない個人的な旅であり、唐突に思いついたので無理やり外来診療や産業医の勤務日を動かして実現した2泊3日の短い滞在だった。簡単にその記録を記しておこう。


◆1日目

 病院での診療を終えて羽田空港から那覇に向かう飛行機に乗った。

 高江は遠い。「沖縄県の面積は日本の0.6%」と言われるとなんとなく「沖縄本島内の中の移動なんて簡単」と錯覚しがちだが、そんなことはない。

 沖縄本島北部に位置する高江に行くためには、空路で那覇空港に着いて、まずそこからバスに1時間半ほど揺られて名護市まで行く。そこからさらにクルマで1時間半ほどかかるのだが、定期バスは1日3便だけなので名護でレンタカーを借りるか誰かに迎えに来てもらう必要がある。すでにここまでで那覇からたっぷり3時間以上。

 私はこの日は名護市内北部から橋でわたれる屋我地島まで移動、そこの民宿に荷を下ろし、食事しながら先に高江入りした東京の知人3人からレクを受けた。

 高江の米軍訓練場にはこれまでもすでに多くのヘリパッドがあったが、今回、問題になっているのは6つの新設工事。これに対する反対運動じたいは、以前から行われており、工事は実質的にはストップしていた。

 しかし、2015年2月に沖縄防衛局が2カ所のヘリパッドを建設して米軍に先行提供してから、オスプレイの飛行や訓練が急激に増加し、問題が一気に深刻化したこと。そしてこの7月には残りのヘリパッドの建設工事も突如、再開され、それに伴い反対運動に参加する人も増えたが、沖縄県警のみならず全国の警察官や機動隊が大量に動員され、力ずくの排除などが行われるようになっている……。

 千円の定食はお盆に乗りきらないほどの量(写真1)で、部屋はオーシャンビュー、高江で起きている抗議活動とそれへの警察、機動隊の過剰警備の話などを聞いてもいまひとつリアリティがない。夕食後、私だけビールを飲んだが、ほかの3人はほとんど飲まなかった。

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1194739

(写真1)初日、レクを受けながら食べた1000円の定食

次ページ2日目、いよいよ高江へ

新感覚の氷点下ハイボール「ブラックニッカハイボール(350ml)6缶セット」を抽選で10名様にプレゼント

NIKKA
sponsored
「フリージングハイボール」とは、 クセのないクリアな飲み心地のブラックニッカ樽詰めハイボールを使いアサヒビールが独自に開発した氷点下(-2℃~0℃)抽…

合コンで「痛い男」認定される言動――初対面で年齢や容姿をいじる、勝手な判断やアドバイスをしがち…

合コンで「痛い」認定される男の発言には特徴がある
 飲み会や合コンでは、日夜「痛い発言」が飛び交っている。どんな発言が痛いと思われてしまうのか。ツイッターで男性の勘違いや女心の機微をつぶやいて多くのR…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(32)
メンズファッションバイヤーMB
「冬のセール」で“格安良品な服”を手にいれる3つの方法
山田ゴメス
女子の間で秘かに流行りつつある「朝セックス」ブームは、男にとっても好都合なワケ
オヤ充のススメ/木村和久
“デリヘル先生”だけじゃない、最近の風俗トラブル&摘発に異変あり!?
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ストーンコールド“ロイヤルランブル”初優勝――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第240回(1997年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「今夜、君に恋に落ちてしまいそうだぜ」――46歳のバツイチおじさんはクサすぎるセリフをさらりと口走った
原田まりる
芸の細かさが目立った2016年地味ハロウィン
大川弘一の「俺から目線」
3000円のハンバーガー――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
カップル成立数は100組超!「巨大シェアハウスなら女性と出会わないほうが難しい」
爪切男のタクシー×ハンター
風俗店で一回の射精と一回の恋をして気づく「人を好きになるのに理由なんていらない」
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
希望の星は16歳のJK! ジャッジ次第で天国と地獄[五輪最恐の採点競技]とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルはいつでも迷っているんです「集客ができない! フォロワーが少ない! 肩書きがない…」
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「ね~え、一緒にお風呂入ろう?」リーマンショックで落ちぶれたおじさんの哀号
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中