YouTubeで話題の“変身メイク”の女王に施術してもらった

 メイクひとつで「美少女戦士セーラームーン」「初音ミク」などアニメキャラへの変身からレディー・ガガのPV再現までやってのけ、YouTubeで話題のメイク女王、ミシェル・ファンをご存じでしょうか。

 彼女は24歳のベトナム系アメリカ人で、08年から家庭用ビデオを使い、自身のメイクテクニックをYouTubeに投稿。すっぴんの状態から自らの顔にメイクを施し、そのビフォー⇔アフターの変わりっぷりと完成度の高さで注目を浴び、これまで累計約4億回の再生回数を集め、さらにチャンネル登録者数は142万人を超えるほど。現在はその腕前を買われ、メイクアップアーティストとして活躍している、まさに現代のシンデレラ・ガールなのです。

初音ミクメイク

YouTube動画 「Hatsune Miku Makeup」 より


 そんな彼女が初来日するということで、「ファンデーションなんてめんどくさい。メイクはたまにマスカラとグロスを付けるくらい」というズボラ記者が直撃取材を敢行。いざ、六本木にあるグーグル東京オフィスへ。目の前に現れたミシェルさんは小柄ながらメリハリのきいたダイナマイトボディで、素顔はとてもキュート。いつ頃からメイクに目覚めたのでしょうか?

ミシェルファン「小さい頃からハロウィンのコスプレなど大好きで、お母さんから化粧品を借りてよくメイクをしていました。女性はいくつになっても自分を変えたいっていう変身願望があると思うんですが、それからどんどんメイクにのめり込んでいって、YouTubeにメイクアップ動画を投稿するようになったのは、21歳のとき。当時はアートスクールに通っていて、寿司レストランで学費を稼ぎながら趣味程度でやっていたんです」

 YouTubeに投稿される彼女の動画は、すっぴん状態からナレーションと字幕付きの実演形式で紹介され、テクニックもさることながらその変身ぶりで、一気に火が付くことに。ついには寿司レストランの店員を辞めて、YouTubeでの広告収入をメインに、メイクアップアーティストへと転身したのです。で、ぶっちゃけ、いくらくらい稼いでるの?

トップパートナーの方々は数十万ドルレベルで稼いでいらっしゃいますよ(笑)」

 グーグル広報の方によると、YouTubeの広告料で年収がトップの人は約1000万円に及ぶとも!

「メイクに限らず、料理やスポーツ、アートなどYouTubeをプラットフォームにして成功する可能性はいくらでもあると思います。みなさんにもぜひ、いろいろ挑戦してほしいですね」

おはつ

記者のすっぴんはコレです

 インタビューを終え、帰ろうとするとミシェルさんから「あなたの眉はアメージングね。ただ、もう少し肌に均一感を加えて、マスカラとアイライナーを少しだけ付けるといいわ。ちょっとやってみていいかしら?」と声をかけられ、急きょ、メイクを施してもらえることに。「世界的なメイクアップアーティストの手にかかれば、こんな自分でも美しく仕上げてもらえるのかも!」という淡い期待が胸をよぎります。

ミシェルファン・メイク
メイクのポイントは、

肌のトーンを確認するのは、手首の静脈。青色はクール系肌、緑色はウォーム系肌のファンデーション(色味は頬を基準にする)

◆ファンデーションはブラシとスポンジで塗る(指を使うと塗った跡が肌に残るため)

◆顔のど真ん中から外側へ斜めに小さくクロスを作るように塗っていくと自然に見える

◆パウダーは優しくローリングするように塗る

◆アイメイクはアジア人の場合、ブラウン系がなじむのでオススメ

……とのこと。そして、あっという間に完成。日刊SPA!にて特別公開しちゃいます。

ミシェルさんと記念撮影

ミシェルさんと記念撮影をパチリ


ミシェルファン・メイク

もうどうにでもなれ!


 !? ひょえ~っ! コレが世界のビューティスタンダード! じゃなくて「バットマン」の女ジョーカーのようになってしまいました。はい、気持ち悪いですね。ごめんなさい。通訳さんをはじめ、まわりにいたスタッフは、「おぉ、変わりましたね」とか「その(アイ)ラインがすてき」と言ってくれましたが、目が笑っております。口元がゆがんでおります。

ということで、美人にはなれなかったけど、変身はできました☆ ……これを機に、記者は今後もすっぴんで通す固い決意をしました(泣)

だがしかし、ミシェルさんのYouTubeチュートリアル動画はどれも完成度が高い(本当ですよ!)ので、女性だけでなく、男性も必見です。

取材・文/おはつ 撮影/林 健太

◆『ミシェル・ファン Youtubeチャンネル』
http://www.youtube.com/user/MichellePhan

肉体改造やジェンダーレスな美しさよりも30~40代には大事な血管年齢の話

肉体改造やジェンダーレスな美しさよりも30~40代には大事な血管年齢の話
sponsored
 例えば、テレビ番組などで昭和の映像を見たりすると、最近の人は(特に若者は)、ずいぶん洗練されたなあと思ったりしないだろうか? 「人は見た目が9割」と…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(17)
メンズファッションバイヤーMB
GUの「大人が買っても後悔しない」マストバイBEST3
山田ゴメス
“いいヤリマン”を見分ける方法。その娘の性癖を見ればわかる!?
オヤ充のススメ/木村和久
オリンピック成功の鍵を握る開会式…東京五輪はどうすべきか
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ビンス無罪“ステロイド裁判”エピソード12=オシェー検事の逆襲――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第165回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「勇気を振り絞れ俺! ここしかないぞ俺!」――46歳のバツイチおじさんは満天の星空の下で勝負に出ようとした
原田まりる
ファミレスで隣の席の会話に聞き耳を立てていたら、大喜利を観覧したような気分になった話
大川弘一の「俺から目線」
鳴り止まない電話――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
“リオ五輪ロス”効果で恋を引き寄せるスポーツ3選
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
吉川晃司もやっていた“東京五輪最強の穴場”競技とは?
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
わたしと「結婚したい」という男性へ
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中