和食ブームのタイ、その理由は「若者の●●離れ」!?

タイ,日本食,大戸屋

流行に敏感なタイ人の間で人気の大戸屋

 ここ数年、味つけの濃いタイ料理と比べ薄味なため、10年前まではタイ人にほとんど見向きもされなかった和食がタイでブームになりつつある。和食の店がメディアに紹介されまくり、若者の間で「和食ってイケてる」という風潮ができている。

 日本語を勉強中のバンクさん(26歳 男性・会社員)も和食好きのひとり。

「味は薄いけど、和食はおしゃれだから大好きなんだ」

 タイの和食は値段が高いので高級料理のひとつとなる。内装も凝っているところが多いので、イタリアンやフレンチ同様におしゃれな店という位置づけでもある。この感覚もまたタイ人の足を運ばせる理由になっている。

「大戸屋」によく行くという中華系タイ人のキムさん(34歳 男性・デザイナー)にも話を聞いた。

「大戸屋では鯖照り焼き定食をよく食べるよ。値段はちょっと高いけど、店の雰囲気もいいし。前はおいしいとは思わなかったけど、去年くらいから大戸屋の良さがわかってきたよ。和食は栄養も味もバランスがよくて健康的だし」

 流行に敏感なデザイナーだけあって、和食を食べる機会が多かったのだ。先のアピンヤさんは国際結婚のため和食に「慣れ」があったが、一般タイ人の中には流行に乗り遅れまいとわけもわからず食べているうちにおいしさに気がついた、というパターンもある。

 健康食として注目も集まる。タイ料理は脂っこいものが多い。

回転寿司,タイ,和食

回転寿司の平禄寿司もタイ進出している

 そんな中、以外な声を聞いた。

「あと、辛くないのも好きだな」というのは前出のバンクさん。

 実は、バンコクの若者の間では「唐辛子離れ」が進んでいるのだ。

 昔から、タイでは親が小さな子どもには唐辛子を抜くか少なめにすることは多かったのだが、それが甘やかし過ぎて大きくなるまで続き、辛いものを食べなくってきているのだという。

 タイ料理というと日本人にとっては「辛いもの」というのが定番イメージ。タイの人は当然辛いものが好きなんだとばかり思っていたが……。「若者の●●離れ」は日本でもしばしば言われる定番フレーズだが、よもやタイで「若者の辛いもの離れ」が起きていたとは! <取材・文・撮影/高田胤臣>

100万本無料配布中の“謎の缶コーヒー”。気になる味を飲み比べしてみた

100万本無料配布中の“謎の缶コーヒー”。気になる味を飲み比べしてみた
sponsored
提供元:キリンビバレッジ  仕事に追われる社会人たちの強い味方といえば、言わずもがな缶コーヒー。記者もそんな缶コーヒー愛飲家の1人だ。思い返してみれば…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(22)
メンズファッションバイヤーMB
最速で「中年男性をおしゃれに見せる」魔法のアイテムとは?【プロが断言】
山田ゴメス
最近、激増している「副業・AV女優」の本音に迫る!
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
近未来の“超大物”ハンターがデビュー ――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第190回(1995年)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
こんな自由にお前は出会ったことがあるか――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
おっぱいポロリのある地上波番組『ケンコバのバコバコテレビ』に出演して感じたこと
爪切男のタクシー×ハンター
虹の根本にある素敵なもの
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中