漫画家ろくでなし子氏が語る 「ま〇こを下卑たもの扱いするな!」

ろくでなし子

ろくでなし子

 ま〇こをデコレーションする女性がいる。漫画家のろくでなし子氏である。彼女は、歯科用印象材でま〇この型をとり、それを絵の具やラインストーンで飾り付け、アート作品“デコまん”にしてしまった。いまだかつて未開拓だったま〇こ街道をひた走るろくでなし子氏に話を聞いた。

ろくでなし子:そもそもの発端は、初めてセックスすることになりそうなときに、家で自分のまんこを観察していたら、毛がボーボーなのが気になったんです。それで、まずは自分で剃って、その後エステで脱毛して……。そうして陰毛がキレイになると、今度はまんこの形状そのものが気になってきたんです。

――形状とは?

ろくでなし子:まんこをよく見ると、ビラビラしたものがついてて、ビックリしたんです。こんな醜いビラビラがついてるなんて、私病気なんじゃ!? 自分だけ変なんじゃ?って。それで、こんなビラビラを男性に見せるわけにはいかない! とビラビラを切除する手術を受けに行きました

――ははぁ、ビラビラ……

ろくでなし子:そう、ビラビラがあるんですよ? 女性ってたいていの人が自分のまんこをちゃんと見たことないんですよね。それっておかしくないですか? 男性は性器が外に出てる分、存在を気にせざるを得ないですし、“息子”と呼んでかわいがっているけど、女性だって自分の性器をもっとかわいがるべきです。それで、私は晴れてビラビラのないまんこを手に入れ、せっかくだから型取りしてデコレーションして作品にしていたら、展示やワークショップを開くまでに発展していきました。ワークショップでは、女性の参加者たちに、実際に自分のまんこを型取りする方法を体験してもらいながらレクチャーします。

――女性が大勢で自らのま○こ型をデコレーションする光景は圧巻でしょうね……

ろくでなし子:こうしてデコまん活動をしていると、ビラビラがあるほうが、ダイナミックなデコまんが出来上がるんですよね。私のは起伏がなくてのっぺりとしているので(笑)。なので、あれだけ醜いものだと思っていたビラビラが、時折羨ましくなることもあります。ただ、今はこのまんこアートを経て、ビラビラがあろうが醜かろうが、どういう形でもまんこはまんこなんだな、と思うようになってきました。

――つまり、解脱したということですか?(笑)

ろくでなし子:はい、解脱に向かいつつあります(笑)。ただ、完全に解脱しきったとはまだまだ言えません。というのも、この活動をしていると、まんこというだけで下卑た物扱いされがちなのが納得がいかないんです。今後は、デコまん活動を通して、この世の中の“まんこの権利”=“まん権”を与えていきたいです。例えば、ちんこは伏字にならないこともあるのに、まんこはほぼ必ず伏字にされる。著者紹介などでも“アソコ整形漫画家”と書かれる。本当は“まんこ整形漫画家”と呼ばれたいのに。まんこだって、耳や手と変わらない体の一部ですよ。スローガンは、『まんこにもっとまん権を!』です!

 およそ1時間に渡り、一生分くらいの「ま〇こ」ワードを女2人で連呼したインタビューを通じて感じたのは、彼女の持つ「ま〇こ」への並々ならぬ情熱だ。それは、同じ女性である筆者が考えたこともなかったほどであった。

 ちなみに、もともと“醜いまんこを男性に見せたくない!”というところから始まったろくでなし子氏のま〇こヒストリーだが、当の男性陣からは不評とのこと。「まあ、冷静に考えたら、まんこの整形をしている時点でモテから遠ざかってますよね(笑)」と笑う。さすが“解脱”しつつあるだけのことはあるあっぱれな開き直りぶりである。 <取材・文/朝井麻由美>

デコまん

こちらは「お祭りやぐらまん」というデコまん作品。ろくでなし子氏のま〇こから模られた”溝”の上で、人々がドンチャンお祭りしている……

注※本文中、ろくでなし子氏の強い希望で氏の発言箇所についてはま○この伏字はなくしております

【ろくでなし子】
漫画家。2012年6月、シアトルのエロティックアートフェスティバルに「お祭りやぐらまん」が出品作品として選出される。近著に『デコまん ~アソコ整形漫画家が奇妙なアートを作った理由~』(ぶんか社)。2012年8月27日~9月15日まで、ヴァニラマニアにて、個展『OH!MANKO! シアトルから帰ってきたデコまん展 ~海を渡ったわたしのま○こ~』を、また、8月29日に個展スペシャルイベントとして『ま○こBar ~プロジェクトM 挑戦者達~』開催。詳細はHPまで

デコまん アソコ整形漫画家が奇妙なアートを作った理由

デコまん作りに目覚めるまでをつづったコミックエッセイ

衝撃の事実。元AV女優・紅音ほたるが急逝していた

紅音ほたるさん
 元AV女優の紅音ほたるさんが、8月15日に亡くなっていたことがわかった。AV引退後の所属事務所の社長兼パートナーによると同日午前、自宅で倒れた状態の…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(17)
メンズファッションバイヤーMB
GUの「大人が買っても後悔しない」マストバイBEST3
山田ゴメス
“いいヤリマン”を見分ける方法。その娘の性癖を見ればわかる!?
オヤ充のススメ/木村和久
オリンピック成功の鍵を握る開会式…東京五輪はどうすべきか
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ビンス無罪“ステロイド裁判”エピソード12=オシェー検事の逆襲――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第165回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「勇気を振り絞れ俺! ここしかないぞ俺!」――46歳のバツイチおじさんは満天の星空の下で勝負に出ようとした
原田まりる
ファミレスで隣の席の会話に聞き耳を立てていたら、大喜利を観覧したような気分になった話
大川弘一の「俺から目線」
鳴り止まない電話――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
“リオ五輪ロス”効果で恋を引き寄せるスポーツ3選
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
吉川晃司もやっていた“東京五輪最強の穴場”競技とは?
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
わたしと「結婚したい」という男性へ
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中