ポルシェこそスーパーカーの頂点だ【下流自動車評論家の結論】

路頭に迷いかけたところを拾ってくれた師匠(MJブロンディ)がフェラーリ至上主義者にして大乗フェラーリ教教祖だったため、本当はポルシェが大好きなのに、その気持ちを胸の奥に仕舞い込んできた下流自動車評論家マリオ高野が反逆宣言! 内気なマリオに師匠への謀反を決意させた新型ケイマンの魅力とは? もう“ポルシェ愛”が止まらない!

ポルシェマリオ高野=文 Text by Mario Takano
池之平昌信=写真 Photographs by Ikenohira Masanobu

◆愛が止まらない。毎日乗りたい派はフェラーリよりポルシェを選べ!

 スキスキ、ポルシェ! フェラーリよりもポルシェがイイ!

 やはり、ポルシェこそがスーパーカーの頂点だ!! 新型ケイマンの試乗会にてワタクシ、マリオ二等兵はこの場をお借りして謀反を企てることを決意いたしました。敵は永福町にあり!(弊社の場所であります)

 自分をここまで取り立ててくれた大恩ある主君・MJブロンディ(大乗フェラーリ教教祖)に反旗を翻します! 謀反人の誹りをうけ、裏切り者の恩知らずと石を投げられても甘受いたす所存。そこまでしてでも、マリオはポルシェのことを褒め讃えたくなりました。

 新型ケイマンは、クルマ変態ではない標準的なクルマ好きなら、誰もがヨダレを垂らすほどに鋭く扱いやすいハンドリングや緻密なメカニカルサウンド、猛烈な「俺は良いモノに乗ってる感」に包まれる毎日を送ることができます。旧型もそういうクルマでしたが、新型のポイントは凡庸なドライバーがヘタレな操縦をしても「俺はこのクルマの性能を引き出せている感」が強烈に得られること。これは私が愛するスバルの味付けに近づいたとも言えます。周りの評判を盗み聞きしたところでは、腕利きのプロ級ドライバーが全開でブッ飛ばしても「すごくいいね!」なクルマであることも確認しました。

 ボディは44%もアルミ化され、さらに軽くなったこともあってか、過去のポルシェで得られた金庫のような堅牢感はやや薄まったような気もしますが、これはボディが緩くなったのではなく、ボディそのもので減衰効果を発揮しながら、路面からの入力をいなす方向へ向いたものであると推察します。これまたスバルの高性能車作りの考え方に相通じるものがあります。電動ステアリングの感触は、先に新しくなった911よりも自然な印象で、言われなければ電動であると見抜けない手応えです。

 ボディサイズは大きすぎず、最小回転半径も5.2mと、昔の5ナンバーサイズの国産車のように小回りが利きます。そんな悶絶フィールを、日常の足代わりとして味わい尽くすことができるのです。

⇒【後編】「ポルシェとフェラーリはどっちがすごいのか?」に続く
http://nikkan-spa.jp/474760


― 愛が止まらない。毎日乗りたい派はフェラーリよりポルシェを選べ!【1】 ―

20~30代女性から大ブーイング!社内評価も下げる‟男のニオイ問題”を素早く解決する方法【PR】

20~30代女性から大ブーイング!社内評価も下げる‟男のニオイ問題”を素早く解決する方法【PR】
 そろそろ梅雨の足音が聞こえてきそうなこの季節。今年も、あの蒸し暑さのなか働かなければいけないかと思うと憂鬱になる人は多いはず。そんな汗ばむ季節に注意…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(4)
メンズファッションバイヤーMB
プロが激賞「高級サンダルが2000円台で買える!」
山田ゴメス
「なんちゃって石原さとみ」が増加中!? 7つのメイクと7つの仕草で翻弄される男たち
オヤ充のススメ/木村和久
プロ客から見たキャバクラの世界
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
“ホーガン不在”のウォリアー政権――フミ斎藤のプロレス講座別冊 WWEヒストリー第100回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「テラスハウスの一員になろう」――46歳のバツイチおじさんはイケメン&美女集団に溶け込もうとした
原田まりる
純潔な弟に風俗で女性経験させようとした姉の話
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
中2まで、巨乳はコンプレックスでしかなかった
大川弘一の「俺から目線」
死神bot、LINEで始動――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
熊本地震の災害ボランティア、現状の課題は「参加希望者の再分配」だ
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
“東京五輪”なのに伊豆(静岡県)開催の自転車競技を追っかけてみた件
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中