深海の奇怪生物「オオグソクムシ」を女性記者が食べてみた【試食会リポート】

 20年前、ジェームズ・キャメロン監督の『アビス』を見たときには、深海というところには訳の分からない生物がいるもんだ、と畏怖した。しかし、昨今盛んに報じられるダイオウイカの水揚げ映像を見ていると、以前はまるでもうひとつの宇宙のようであった「深海」が私たちに対しグッと歩み寄ってきたのを感じる。

 3月29日と30日、「ヨコハマおもしろ水族館」では深海生物の試食イベント「深海祭り」が開催された。同イベントを通して深海生物に興味を持ってもらおうという趣旨だが、目玉は何といっても「オオグソクムシの試食」。

グソクムシ,FOOD, やってみた, イベント※この先はオオグソクムシの写真がオンパレードなので、心してご覧いただきたく。

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=614525

 そもそもみなさんは「オオグソクムシ」という生物をご存じだろうか。

 彼らは体長10cm~15cmほどの甲殻類で、分類上はダンゴムシやフナムシと同じ節足動物に属す。脱皮を繰り返すことで鎧のような殻を層状にまとい、その姿はまるで『風の谷のナウシカ』に登場するオームのよう。無骨な外見である一方、飢餓状態で何年も生きられるという謎めいた生態が注目され、オオグソクムシの約3倍もある「ダイオウグソクムシ」は昨年ニコニコ生放送などに登場した。

◆定員の約4倍もの客が押し寄せた

 イベント初日には約200名の客が訪れ、何とも異様な熱気に包まれる会場。約9kgの「ユメザメ」の解体ショーでイベントは幕を開けた。

グソクムシ,FOOD, やってみた, イベント ゴリゴリと音を立てて解体され、その巨大な肝臓や卵などが観客に披露された。その後、イタリアン風にソテーされたものが振る舞われ、記者も試食。正直、ほぼ無味無臭のためタラなどの白身魚とさして変わらない印象。これならタラと言われて疑う人はいないのではないだろうか。「食・品・偽・装」の四文字にたぶらかされる人間が出るわけだ。

◆虫よりも虫らしい外見「オオグソクムシ」

 いよいよメインのオオグソクムシが登場する。その揚げ物を試食する前に、展示スペースにて生きたオオグソクムシに触れる。彼らの行動パターンは、静止しているかと思えば突如加速して泳いだり丸まったりと予測不能で、ある種ゴキブリのそれに近い恐怖を覚える。

 実際に持ち上げて裏返してみると、まさに節足動物の腹!というような強烈なビジュアルである。正直あまり好みではない。地球上でオオグソクムシ顔の男しかいなくなってもこの身を委ねることはないだろう。しかし、腹部分を持ったまましばらく観察すると、泥酔女子が「いやぁん、まだ帰んなぁい」とだだをこねるかの如く腰をくねらせ、意外に可愛らしい面もある。

グソクムシ,FOOD, やってみた, イベント◆「オオグソクムシ」の揚げ物、それはエビに近い

 中華街にある店で揚げられたというオオグソクムシ。一般客も食べやすいようにとネギ油もかかっているため、大変香ばしい。しかし、そのビジュアルは衣でも隠しきれなかったようだ。黒くつぶらな瞳が油でいっそう輝きを増している。

 顔からかぶりついてみる。甲殻類特有の味噌を期待して渾身の力で脳天あたりを吸うが、驚くほどに何も出ない。どうもこのオオグソクムシというやつ、味噌はおろか身も非常に少ないそうだ。1匹あたり耳かき2匙程度しか身が取れないものの、味を聞かれたらほとんどの人がエビまたはカニと答えるだろう。

グソクムシ,FOOD, やってみた, イベント

食いちぎって噛むも、殻が喉に突き刺さる

 カリッと揚げられたオオグソクムシ。

 悔しいかな、奇妙な外見とは裏腹に、その味は私たちが日常やたらありがたぶる「海の幸」そのものだった。将来的にオオグソクムシが市場に並ぶ日はきっと来ないだろうが、「深海」を舌で感じられる大変興味深いイベントであった。

<取材・文・撮影/井上こん>

孤独死した60代女性、“お一人様”の最期は認知症でゴミ屋敷に…

孤独死
 玄関の扉を開けると、部屋にはうずたかく廃棄物が積まれたゴミ屋敷の光景が広がっていた。独身で認知症を患っていた60代女性の「孤独死」の現場だ。  核家…

40代「逃げ恥おっさん」が気持ち悪い…ガッキーかわいいを連呼、星野源に嫉妬、正確な記述を競い合う

「逃げるは恥だが役に立つ」(逃げ恥)エンディング 恋ダンス
 現在放送中のドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)がいまネットを中心に話題になっている。  物語は、星野源演じる会社員の津崎平匡の家に新垣結衣…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(31)
メンズファッションバイヤーMB
オーダーシャツが4980円でつくれる激安時代、プロも驚く採寸システムとは?
山田ゴメス
女子の間で秘かに流行りつつある「朝セックス」ブームは、男にとっても好都合なワケ
オヤ充のススメ/木村和久
竹原ピストルがオヤジのハートを鷲掴みする理由
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ブレット対ストーンコールド=序章――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第235回(1996年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「今夜、君に恋に落ちてしまいそうだぜ」――46歳のバツイチおじさんはクサすぎるセリフをさらりと口走った
原田まりる
芸の細かさが目立った2016年地味ハロウィン
大川弘一の「俺から目線」
平穏を望む銀座ホステス・美琴――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
一流芸能人GACKTのギャンブルセンスをプロギャンブラーが採点
爪切男のタクシー×ハンター
チンコのような温かさで私を強くきつく抱きしめて
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
希望の星は16歳のJK! ジャッジ次第で天国と地獄[五輪最恐の採点競技]とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルはいつでも迷っているんです「集客ができない! フォロワーが少ない! 肩書きがない…」
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「ね~え、一緒にお風呂入ろう?」リーマンショックで落ちぶれたおじさんの哀号
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中